ウィンドウズ8にウィンドウズ7のようなボタンを取り付ける方法

超初心者向けに設計をされたウィンドウズ8パソコン。
iPadなどのタブレット端末のタッチ操作でできるという点を無理やりパソコンに導入した感が否めないですね。

 

今までのウィンドウズに使い慣れていた私が最初に感じたのは、

『使いにくい』
この一言に尽きます。

 

パソコンの画面にタッチしてって…
タッチはしなければいいだけのお話なのですが、
ウィンドウズの画面下にあったスタートメニューを消すって….

 

少しありえないですね。
ビックリです。この点はかなりマイナス評価です。

 

とはいえ、新品のパソコンだったため、
何としても使わなければいけません。

 

こんな時に出会ったのがこちらのソフト。

Start Menu 8です。
http://jp.iobit.com/free/startmenu8.html

 

ウィンドウズ8の画面にストレスを感じている方は必須のソフトです。ソフトの価格も無料ですから、今すぐ導入される事をお勧めします。

 

このソフトをインストールするだけで、ウィンドウズ7で当たり前だった立ち上がり後のデスクトップ画面表示、画面の左下のボタン設置が簡単に行えます。

 

このソフトを導入すると、こうなります!

赤枠の部分にスタートアイコンが出てきます。
これは好きな物に変更ができます。

このボタンを押すと、緑枠のようなウィンドウが表示されます。ちなみにウィンドウズ8をお使いの方は、ボタンを押しても、この緑枠のようなウィンドウが表示されません。

windows8

 

この記事のまとめ

ウィンドウズ8ユーザがウィンドウズ7風の操作画面を取り戻す為に無料ソフトを導入しましょう!