Windowsと Mackintosh の違い

■ Windows(ウィンドウズ)  と Mmackintosh(マッキントッシュ)

Windowsは大金持ちになったアメリカの大学生だったビル・ゲーツさんが作った会社、マイクロソフトが販売しているパソコンです。

Mackintoshは同じアメリカの実業家ステーブ・ジョブスが
自宅の車庫から始めた会社、アップルが販売をしているパソコンです。

若い二人のすぐれた頭脳が現代のパソコン世界を作ったと言えます。

 

■ Windows とmackintoshの中身の違い

それぞれの機器が内臓しているOS(人と機器の通訳者・橋渡し)が大きく違います。多くの人に使ってもらえるようにと考えたWindowsでは中身もたくさんの利用ができるソフト(道具)が入れられ販売されています。

Mackintoshは独自の考えにこだわりを持って作られていて、ソフトは限定されています。もちろん値段の違いもあり、Mackintoshの方が高価で販売されています。

 

■ Mackintosh

Mackintosh:発売当初は文句なしの優れた操作を持っていました。Apple社の独自のロゴマーク(会社の独特リンゴマーク)のデザインなどからも、個性的な人にとってはたまらないほど優越感を味わうことができたのではないでしょうか?

利用者の多くは印刷・広告関係の会社、テレビ局や音楽関係者でした。グラフや音楽、写真・映像などのソフトは素晴らしいもので、カメラマンや楽器演奏者には欠かせないものと言われていたほどです。Apple社がこだわった色彩や音質、映像編集ソフトは、今でも素晴らしいものです。

他にもアイフォン、アイパットなどがあります。携帯電話業界でも高価ながら多くの人に利用されているのは、こだわりを持つ人がお金以外の価値を認めているからであるように思います。

 

■ Windows

それに対し、大衆をターゲットに考えていたWindowsは、文章・ワープロソフトや表・計算などの仕事に欠かせない機能を持つ便利なソフトを次々と発表してきました。多くの会社や個人が、Windowsを仕事のパートナーとして導入しています。あっという間に世界中に普及したWindowsは、今では欠かせない仕事人です。

こちらは多くの人が利用できるソフトを導入しているので、多種多様なファイル管理するために各ファイルを拡張子というもので分別しています。(Mackintoshには、この機能はありません)
シェアが広いために、ゲームやソフトは、Windows対応で作られることが一般的です。

 

■ 今後の二つの行く道は?

こだわりを大切にするMackintoshは芸術家に愛されています。これからもシンプルで個性を大切にする人を魅了しながら、愛用者を増やしていくことでしょう。

一方、Windowsは押しもおされぬ立場をすでに確立し、世界中どこでも使われているビジネス必需品になっています。

両機器の互換性も今では完成されました。利用者にとって、双方がより使いやすい製品となっていくのではないかと期待しています。