Wi-Fiルーターのおススメ!

家の中などで無線を使ってインターネットを行う時にWi-Fi(ワイファイ)という物を利用します。

某会社のCMでも「お家をWi-Fi化」というキャッチコピーで宣伝をしていますね。数年前までは、Wi-Fi??は~ん?なんじゃそりゃ?という方が多かったのですが、最近では、その名前もすっかりと有名になってきたようです。

 

iPad講座でお会いする方にWi-Fiのお話しをすると、
すでにWi-Fi=インターネットなんていう知識が定着しています。さすが団塊の世代….何事にも貪欲でございます。

 

今日はお家の中をWi-Fi化をする時にとっても役にたつ無線ルーターについてお話をします。その前に無線ルーターとは何ぞや?という方の為に軽くおさらいです。

 

Wi-Fiルーターとは?

インターネットの信号は、基本的には有線で各家庭に送られてきます。有線というのにも様々な物がありまして、その中の一つとして光ケーブルがあります。

 

フレッツ光などが有名ですね。この光ケーブルによって、自宅までインターネットの信号が送られてきます。(有線)
有線で家に届いたインターネット信号を家の中でも有線で使うか、もしくは無線で使うかを選びます。

 

もし、家の中を無線で使えるようにすれば、線でパソコンなどをつなげる必要もありませんから、家中どこでも自由に使えますね。家中のパソコンやスマホ、その他の機器に簡単に送り届ける事ができます。

 

この時、インターネットの信号を有線から無線にするのがWi-Fiルーターと呼ばれる機械です。

 

それがこの弁当箱くらいの機械の事です。
量販店でおよそ5000円~10000円ほどで販売されています。

 

有線と無線ルータがつながります。すると、無線ルーターからインターネット信号が電波として飛ばされます。

 

東京タワーからも電波が出ていますね?
それと一緒の事です。

 

この無線ルーターからの電波を拾える範囲の人がインターネットを楽しむ事ができます。もちろん無線ルーターとパソコンやスマホをつなげるためには、不正に使用されるのるのを防止する為にパスコードによる認証が必要です。

 

この認証を完了したデバイス(パソコンやスマホ、タブレット)のみインターネットができます。
簡単ではありますが、これが無線ルーターの仕組みです。

 

もし、家の中でWi-Fiでインターネットを行っている方は、
必ずこの機械がどこかに存在するはずです。

 

通常は、契約したインターネットの会社の物をそのまま使う場合が多いですが、この無線ルーターも少しはこだわった方がいいと思います。実は、無線ルーターにも2.4GHzという物と5GHzという物があり、この周波数帯が違うことにより通信回線の速度差になったりします。

 

うーん、またまたヤヤコシイ用語が出来てきました。
GHz(ギガヘルツ)って言います。
簡単に言うと電波の種類の事でね。

 

この電波の種類によって、通信速度に差がうまれてきます。光回線やADSLなど、とかく回線の種類、回線の速さ(数値)だけを気にされる方がいますが、回線の速さと合わせて、この無線ルーターのGhzも気にされた方が良いと思います。

 

2.4GHzと5GHzのどちらが良いか。単刀直入に申し上げますと、速度だけで言うなら5GHzをおススメします。

 

これ以上深く覚えたとしても、あまり意味がないと思いますので、無線ルーターは、5Ghzに対応している物が良いと覚えてください。

 

という事で2.4Ghzと5GHzの二種類に対応をしている
以下の製品なんかが良いのではないでしょうか?

11ac(3×3)対応。Aterm最上位モデル

 

この記事のまとめ

無線ルーターは、5GHzに対応している物を選びましょう!