ユーチューバー(youtuber)って何?

自分が制作した動画に対して、Youtubeパートナーという、広告に関する契約を結ぶことができます。
広告の表示・非表示は、公開する動画ごとに決めることができ、自分の動画に関連する広告が自動で表示されます。

動画再生中に表示される広告部分を視聴者がクリックすると、
動画の主(youtuber)に一定の広告料金が支払われる仕組みです。

 

■ユーチューバー(youtuber)とはどんなことをする人?

自分で作成した音楽や映像、動画などをYOUTUBEに投稿します。

投稿した動画には、会社の広告が表示されます。

視聴者の中で動画中に表示される広告をクリックする方がいます。

広告がクリックされると、1クリック○○円としてYoutuberに対して、YOUTUBEから広告料金が支払われます。
この広告料だけで生計を立てている人たちをYoutuberといいます。

ちなみに日本Youtuberの第一位は、ヒカキンさんという方です。
信憑性は定かではありませんが、広告料だけで年間3000万~5000万円を得ているとも言います。

 

■YouTubeとは

YouTubeはGoogleという会社が提供しているサービスの中の一つで、音楽や映像、動画や写真などの情報を豊富に持っています。Googleの会員になることで、それらをパソコンやスマホなどどこでも楽しめます。

映像というからには最新のニュースはもちろん、個人の目の前で起こった事故や事件の映像、個人の映像作品なども投稿できます。利用者はそれらを自由に見ることができます。ただ音楽や映像には著作権が発生するので、無料のものから有料のものまであります。

 

■誰でもYoutuberになれるの?

可能だとは思いますが、すでに遅いかもしれません。あまり夢を壊したくないのですが、今、目立って成功している方は数年越しで取り組まれています。

たとえるなら、大海原を裸で泳ぎにいくことと似ていると思います。
後発組でも独自の切り口などで活躍する方もいらっしゃいますが、それはほんの一握りだと考えたほうがいいと思います。

しかし、挑戦したからといってお金がかかるわけではありません。まずは自分を信じて始めてみるのもいいかもしれません。youtuberとして活動するには、グーグルの会員登録を済ませた後にyoutubeパートナー契約の審査を受けます。

この審査に通ると、晴れてYoutubeのスタートラインに立てたということになります。

youtubeには、チャンネル登録制度というものがあり、
チャンネル登録数=人気度として計ることができます。

まずはこのチャンネル登録者数を100にできるまでかんばってください。
この数字を稼ぐだけでもけっこう大変です。

ここに到達してから、新しい展開を考えても遅くはないと思いますよ。

 

■Youtuberで生計を立てるだけの稼ぎができるのかな?

興味を引き、気になった人がクリックして見る再生回数が10回で1円と言われています。2000年当初に比べると、2ちゃんねる(誰でもが書き込みできるインターネット掲示板)も今ではずいぶんと衰退してしまっているような気がします。よほど有名にならないと、youtuberとして生計を立てられる人は少ないと言えそうです。

自分の意見や考え方がほかの人と違えば、当然誹謗中傷の対象にされてしまいます。芸能人や政治家などのブログが“炎上中”とか報道されることがよくありますね。ブログでは言葉や映像だけでしか表現するしかないので、誤解や解釈の違いが生じることは避けられません。

広告料金だけでなく、面白く興味深い記事やコメントをかける人はそんなに多くはいません。しかも誰でもできることですので、裾野が広く面白くないと誰も見向きをしてくれない。表現力と意外性の両面を持った人でないと、大きな収入にはつながらないでしょう。

 

■今後はどうなる?

小学生のなりたい職業としてyoutuberが挙がっているとも聞きます。
会社勤務しなくて、自分で好きなことを書いて、生計ができるyoutuberに憧れる人は多いかもしれません。しかし、Googleの管理にも多くの問題があります。クリック回数や単価の安定などももちろんですが、規則違反や支払制限などで、あなたがどれだけ注意深く頑張っても、収益が受け取れるかどうかはyoutube運営次第です。

もしかしたら、手漕ぎボートで太平洋を横断しようとするくらい非常に危ういことかもしれません。