外出先でインターネットができない方は必見

無線インターネットサービスのワイマックスは、エリア確認や使い勝手を調べるために15日間無料で端末をレンタルすることができます。

この記事は、ワイマックスをレンタル(トライワイマックス)するまでの申し込み方法を一から説明をしています。記事通りに操作をしすれば、誰でもワイマックスをレンタルすることができます。

 

ビデオで確認をする

 

ビデオのポイント

・必要なメールアドレスとして携帯とパソコンの両方が必要。(片方は不可)

・申し込みには、デポジット(クレジットカード)が必要

・携帯電話のメールには、開通番号が送られてくる。

・パソコンのメールには、次の申し込みへ進むための認証リンクがある。

 

ワイマックスがあると、どうなるの?

ワイマックスという無線ルーターとiPadを一緒に持ち歩くことにより、
外出先でも自由にインターネットを楽しむことができます。

現在、ソフトバンクやAUなどのキャリアと通信契約されていない方やiPadのWi-Fi専用モデルを使われている方は、このような無線ルーターを持ち歩くことで、外出先でのインターネット利用が可能です。

また、現在、ソフトバンクやAUなどと通信契約をされている場合であっても、
こちらのワイマックスに乗り換えたほうがお得な場合が多いです。

どのようにお得なのかは、長くなりますので省略をします。

一言で言うと、キャリアは、通信制限が厳しい割りに遅いということです。

 

申し込みの流れ

1.ワイマックスのホームページからトライワイマックスのバナーを押す。

2.携帯電話のメールアドレスと、パソコンのメールアドレスを登録

3.携帯電話には、開通番号が。パソコンには認証リンクが送られてくる。

4.申し込みに関わる個人情報を入力する

5.機器が自宅に送付されてくる

6.15日間試して返却

7.終了です。

 

申し込みに必要なメールは、二つ

携帯電話へのワイマックスからのメール

開通コード受信用です。

WIMAX

 

パソコンメールへのワイマックスからのメール

認証リンクをクリックして次の手続きへ進みます。

WIMAX

 

壊した時、無返却の場合のデポジット

申し込みの際には、保証としてクレジットカードの登録が必要です。
これは、レンタルした機器を壊した場合に請求される物であり、通常の使い方であれば、請求されること無く無料で利用ができます。

 

携帯電話が必要

インターネットから申し込みを完了する為には、携帯電話のメールアドレスが必要です。お持ちで無い場合は、ネットから登録する事はできなく、カスタマーサポートへ電話申し込みをします。

 

入力に関する注意事項

半角と全角入力を間違えないようにしましょう!
今回の入力ポイントは、半角と全角が混在している点です。

半角で入力する所を全角で、全角を半角で入力をすると、
入力エラーで何度でも再入力が求められます。

住所が違うとかではなく、半角と全角を区別できていない点です。

特に全角の数字で入力をしなければいけない部分があります。
その場合、数字を入力してから、変換ボタンを押しましょう。

変換ボタンを押すと、変換候補が表示されますので、
その変換候補から数字を選ぶようにします。

 

半角と全角の数字の違い

henkan (1)

 

全角の数字は、変換候補から選択をしましょう!

henkan (2)

 

レンタル機器の到着の様子

こんな青色の保護カバーに包まれてきます。(一部異なるようです。)

wimax (1)

 

このようなセットが中に入っています。

wimax (3)

 

Wi-Fiルーターの赤枠部分にSSIDとパスワードがありますので、
この情報をiPadのWi-Fi設定の画面に入力をします。

wimax (2)

 

レンタル期日が来る前に送り返しましょう!
送料は、着払いです。

 

この記事のまとめ

どうしてもインターネットで申し込みが難しいという方は、
ヤマダ電機(一部)の窓口でも手続きを行うことができます。

ヤマダエアモバイル(MVNO)