トリバゴの使い方

ホテルを予約する際に旅行サイトを使って予約をする方も多いと思います。
不思議な事にホテルへ直接予約するより、サイトを通した方が安く予約ができる場合が多いですから、利用しないのはもったいない!

旅行サイトとは..

楽天トラベルさん

ゆこゆこさん

JTBさん

るるぶさん

など合計で266社の事を言います。
このような旅行サイトは、とても数が多いですので、

一体、どの旅行サイトを選択すればいいのか?

と、疑問に感じてしまう方も多いかと思います。

それに、各旅行サイトによって、同じホテルの同じプランなのに、
旅行価格が違うという事に気づかれる方もいます。

とはいうもの、それらを一つ一つ調べていくには手間がかかりすぎです。

そこで役立つのが今回紹介するトリバゴです。

このアプリ、テレビCMでも放映されていますので、
もしかすると、ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

トリバゴを使うと、上記のような旅行サイト(266)に掲載されている価格を

横断的、横断的、横断的に検索をすることができます!

るるぶ 5000円

楽天  4500円

JTB 6000円

このような感じです。
もちろん、トリバゴから各旅行サイトの対象商品へ移動することもできます。

ようするに266社の商品情報(旅行商品)への入り口が、
トリバゴで統一できるという事です。

とても便利ですね!

 

 

ビデオのポイント

とてもシンプルな画面構成になっています。
検索は、地名やホテル名となります。

trivago (1)

 

現在地周辺のホテルを探したい場合は、この部分を押します。

trivago (2)

 

チェックイン日などの変更は、
下の部分をタップしてからカレンダーの日付を選択します。

trivago (3)

 

画面の左上にある三本線を押すと、検索に条件を加えることができます。

trivago (4)

 

リストにあるホテル情報を選択すると、下記のような画面に移動します。
緑枠部分がメニューになっていますので、ここで切り替えてください。

trivago (5)

 

地図上にホテルを表示したい場合は、画面の右側の赤枠のマークを押します。

trivago (6)

 

アプリをダウンロードする

 

この記事のまとめ

266社という膨大な数の旅行サイトから、一元的に検索ができるサービスはすばらしいです。
直接、ホテルに予約するよりも安い場合が多いので、ぜひ、ご利用ください。