不測の事態に備える考え方が大切

最近、色々なニュースで私たち日本人が被害にあるニュースを拝見します。以前よりも情報伝達力が上がったとも言えますが、それだけ人の往来が活発に行われているともいえます。

 

人が活発に往来すれば、それだけトラブルが増えるわけであって、どこかの国の人が海外における横柄な態度により嫌われているとも聞いています。

 

私たち日本人も他人事のように語れるはずもなく、
海外で色々と買いあさり嫌われていた時代があったとの事。

 

そんな経緯はあったものの今では一応の評価を受けている?ようで、日本人であって良かったと思える瞬間がたくさんあります。

 

海外旅行のHISさんが海外旅行の価格破壊を行ったため、
私のような人間でも海外を楽しむ事ができますからね。

 

ただし、海外旅行への絶対数が増えれば、
海外においての様々な被害に遭う人も増えるという事です。

 

中東で起きた日本人への衝撃的な事件は、
後世までずっと語られるのではないでしょうか?

 

このような被害がでないように私たち自身も色々と防衛線を張る力を身に着けるべきだと感じます。
海外旅行へ行く際に海外渡航者情報を確認されていますか?

 

海外旅行の定番・タイとカンボジアという国があります。
タイやカンボジアなんて、観光パンフレットにも多く紹介されていて、とても安全な国だと思いますね。

 

実はタイとカンボジアは、遺跡(国境地帯)で争っている事でも有名です。
この理由からタイとカンボジアは陸路ではなく、空路で行く方が安全という情報があります。

ベトナムからラオスへ渡る時は、山道を行くバスより、少し高くても飛行機が良いとも聞きます。
何でも山賊が出るそうなんです。

 

ここまで詳しく書かれていませんが、旅行に役立つ情報が色々と書かれています。
今日は、この海外渡航者情報と似ていますが、事前にメール登録をしていると、緊急メールなどを受け取ることができるたびレジなるサービスを紹介したいともいます。

 

本日の目標

たびレジを使って、安全に関わる情報をいち早く入手する方法を覚えましょう!

 

たびレジとは

外務省が運営するサービスで、海外へ行く邦人の安全に対してメールなどで情報を提供してくれる物です。

 

たびレジの三つの特徴

1.旅行日程を登録するだけで在外公館の連絡先、渡航先の国情報を見る事ができる。

2.緊急時には在外公館がだす一斉メールを受け取る事ができる。

3.緊急時には、登録した電話番号、宿泊先などに緊急の連絡を行ってくれます。

 

たびレジの登録~利用までの流れ

1.必要事項を記入する

2.メールに対して本登録用のURLが送信される。
このリンクを押すと完了です。

 

それでは早速、登録を行っていきます!

tabireji (1)

 

tabireji (2)

 

tabireji (3)

 

tabireji (45)

 

tabireji (5)

 

この画面が表示されたら仮登録完了です。本登録用のメールがメールアドレスに送信されています。

tabireji (6)

 

メールボックスに届いた本登録完了の為の認証メールです。
赤枠のリンクを押すと登録完了です。

tabireji (7)

 

本登録が完了しました。これで緊急時などに連絡が入るようになります。画面上に何か変化があるわけではないですが、しっかりと登録されています。

tabireji (8)

 

メールの文章をよく見ると、このように現地の情報が紹介されています。

スクリーンショット 2015-02-08 17.08.08

 

この記事のまとめ

外務省が運営するたびレジに登録して自分の身を守るクセを付けます。登録から利用までも非常にシンプルに構成されていますので、インターネット初心者でも十分に利用ができると思います。

 

早速、このサイトを使ってみる!

>>外務省運営・たびレジ<<