SSL(暗号化技術)

■SSL(Secure Socket Layer セキュア・ソケット・レイヤ)の略称

・大切なデータのやり取り保護のために使われる秘密保持に欠かせない機能です。

個人情報やクレジットカード番号など、機密性の高いデータのやり取りを暗号化して、安全に送受信をすることができるようにするため、アメリカの(ネットスケープ・コミュニケーションズ社)が開発したセキュリティ機能の付いたhttp規約です。

 

■盗聴・改ざん・なりすましを防止できる

SSLはデータの盗聴や改ざんを防ぐだけでなく、第三者機関(ベリサインなどの認証局)により発行された電子証明書によって、Webサイトの運営組織を確認することができ、架空の組織や団体によるなりすましを防ぐことができます。認証局による電子証明書の発行は、Webサイトの運営組織の実在を確認したうえで行われます。

SSLは、私たちがよく利用するネット・ショッピングなどだけでなく、国土交通省や農林水産省の電子入札や、一般的によく使われる総務省の電子申請・届出書など、さまざまな省庁、自治体などの公共網でも利用されています。

 

■Httpの表示が変化することで暗号化されているかどうかを判断できる。

Http:の表示⇒Httpsに表示される
インターネットで、WebサイトとWebブラウザなどのお客さんが、データを送受信する通信上の決まりごとをhttpと言う。HttpにさらにSSLと言うデータの暗号化機能を付け加えてセキュリティをより強靭なものにするプロトコルをHttpsと言う。

 

■鍵マークと緑色のアドレスバーとは?

SSLを利用したWebサイトは。アドレスバーが「http://」から「https://」になり、インターネット・エクスプローラであれば、右下に「鍵マーク」が表示されます。その「鍵マーク」をダブルクリックすることで、SSLサーバ証明書の内容を確認することができます。また、ほかのブラウザではSSLを使われたサイトへ行くと運営組織バー(アドレスバー)そのものが緑色に変わったりする場合もあります。

このような変化を見ることでそのサイトがSSL通信がなされているかどうかを確認することができます。又電子証明書などの詳細な情報を確認することもできます。

※Webブラウザの種類やパソコンの新旧によってはほかの保護マークが表示されるので普段使用しているWebブラウザではどこにどのようにマークされるかを知っておく必要があると思います。

 

■ネットバンキング(銀行のやり取り)

インターネットバンキングで利用者登録をする場合などは当然このSSLを使ったホームページが使われます。これによって通信の途中で個人情報が保護されて、金融機関のWebサーバーに送られるのです。これにより、通信の途中で情報が盗み見られることを防いでいます。