総務省からシムロック解除の方針

KEITAI-150x150

 

日本の携帯電話の最もへんてこな仕組みが、シムロックという物です。当ブログでも何度か紹介をしていますが、このシムロックが原則解除という方針が固まったようです。

 

シムロックって?

携帯電話会社が自分の販売した携帯電話を
他社で利用ができないように携帯電話に細工をする事です。

 

例えば、iPhoheという端末が存在します。この電話を発売しているのは、ソフトバンク、au、ドコモの三社ですね。

 

ここでソフトバンクと契約をして、iPhoneを手に入れたとします。数年後に、何らかの理由で携帯会社を変える事にしました。
 

ソフトバンクで契約したiPhoneを持っていき、
ドコモで契約をすればいいのでは?と思いますが、
現状では、これを行うことはできません。

 

ソフトバンクがiPhoneにシムロックをかけているためです。
ソフトバンクだけではなく、ドコモ、auもそれぞれ施しています。

 

これは他社への流出を防ぐという狙いがあります。ところが今回の総務省の方針により、このシムロックを原則解除しなければいけなくなるそうです。

 

今までよりもさらに利用者の流動性が高まり、
競争がさらに激化する事が予想されます。

 

むしろこれが普通なわけであり、携帯電話会社も最後の悪あがきをどのように行うかが楽しみです。これとは別に格安のMVNOがどんどん成長していますので、今までの殿様商売はついに終焉を迎えるのではと思います。

 

コメント・評価のご協力をお願いします!

お知らせの下に評価機能とコメント欄があります。
星をタップするだけの簡単評価機能。
投稿しやすいコメント欄を設けています!