連絡先アプリを整理する

今回のテーマは、連絡先情報の管理です。
iPadの連絡先とは、このアプリの事を言います。

renrakusaki-apps

このアプリ、とても簡単な作りになっているのですが、しっかりと構成を理解しておかないと後々辛い思いをすることになります。

本日は、知ってそうであまり知られていない連絡先アプリの仕組みを紹介します。

 

本日の目標

連絡先アプリの仕組みを覚えます。

連絡先アプリとは、どのような仕組みなのか。

他の連絡先保存サービスとの関連付けなど。

 

ビデオ学習

 

連絡先アプリは、iPadに連絡先を保存する物ではない

連絡先アプリの超基本的な部分として、連絡先情報の保存先、仕組みを説明します。連絡先アプリを開くと、名前や電話番号、その他の情報が保存されていますね?

renrakusaki-apps

 

これらの連絡先情報は、iPad本体に保存されているというより、
iCloudの中の一つの項目であるiCloud連絡先の情報を投影しているとお考えください。

連絡先アプリは、iCloudに保存されている連絡先情報を映し出す カガミ のような存在です。

ポイント:
連絡先アプリに新しく連絡先を登録すると….
連絡先アプリその物に保存されるのではなく、iCloudの中にある連絡先に登録されます。

renrakusaki

 

連絡先アプリには、他社の連絡先保存サービスを関連付けすることが可能

先ほど、連絡先アプリを カガミのような存在だとお伝えしました。
カガミのような存在であるとお伝えした理由は、連絡先アプリは、他社の連絡先保存サービスの情報も反映させることできる点にあります。

他社の連絡先で有名な物が、グーグル社が提供するグーグルコンタクトという連絡先保存サービスです。このグーグルコンタクトの情報をiPadの連絡先アプリに 関連付けして表示 することも可能なのです。

 

超重要ポイント:

iPadの連絡先アプリは、カガミ のような存在である。

1

 

連絡先アプリは、 他社の連絡先サービスを関連付けする事により
表示・登録・編集することも可能

1

 

連絡先保存サービスは、他にも多数存在しますが、あまり話を広げすぎると理解が進まなくなると思いますので、この記事ではグーグルコンタクトとiCloudに絞って説明を行います。

 

連絡先アプリを使うにあたって最初に決めなければいけない事

連絡先アプリは、様々な連絡先情報を反映させることができます。これにより、今まで利用してきた連絡先保存サービス(グーグルコンタクトなど)の情報をそのまま使用することができます。

ただ、ここで一点大きな注意点があります。連絡先アプリに関連付けする連絡先保存サービスを一つに絞ることです。

連絡先アプリは、様々な連絡先を同時に関連付けできるため、例えば、iCloud連絡先とグーグルコンタクトの連絡先情報を同時に反映させて使用することも可能です。

この場合、一つの連絡先アプリで二つの連絡先保存サービスを反映しているため、この人の連絡先情報はいったいどちらに保存されているんだ?というような混乱が生じやすくなります。

また、電話番号が変わったから○○さんの電話番号を変更したのに、なぜか反映されていないという事も起きます。

新しい連絡先情報と、古い連絡先先情報があり、一体、どちらの情報が新しくて正しいのだと混乱することもあります。

つまり、一見、一つのアプリで複数の連絡先情報を表示・管理できることは都合がいいように思いますが、私の経験論から言うと、どちらか一つの連絡先保存サービスにまとめて管理される事を強くおススメします。

 

連絡先アプリに関連付けする情報を….

 

iCloud連絡先にするのか、

それとも

グーグルコンタクトにするのか

またはそれ以外の連絡先保存サービスにするのか。

 

どの連絡先保存サービスを関連付けさせて使ってもいいと思いますが、

連絡先アプリで管理する連絡先情報は、
できるだけ一つの連絡先情報で集中管理される事をおススメします。

 

えっと、もうすでにiCloud?を使っているんだけど..

ここまでの説明で連絡先アプリと連絡先情報の関係性はわかっていただけましたでしょうか?

この連絡先アプリの仕組みを説明すると、

『 そんな事知らなかった 』

『 もう、いっぱい登録しているし 』

『 iCloud連絡先って始めて聞いた 』という方が多いはずです。

 

1.iPhoneを使われている場合、携帯ショップのお姉さんに旧携帯の情報を移行登録してもらった

2.そもそもiCloud連絡先なんて登録した覚えは無く、連絡先アプリに手打ちで登録したことはある

 

このどちらかに当てはまる方が多いです。
1と2のケースの場合、自動的にiCloud連絡先に連絡先情報を登録しています。

携帯ショップで連絡先情報を移行登録してもらった場合でも、連絡先アプリに手打ちで入力した場合でも、特に何かの設定を行わない限り、連絡先アプリに登録をした時点(インポート含む)で、自動的にiCloud連絡先として保存されているのです。

 

ここのポイント:
特に何か設定をした覚えがない場合は、自動的にiCloud連絡先として管理を行っています。皆さんのiPhone、iPadは、多くの場合、iCloud連絡先として管理されています。

この事から以下に当てはまる方でない限り、このままiCloudで管理されてもいいと思います。

 

iCloud連絡先以外で管理をした方が良いかな?と思う方

上記のように基本的には、そのままiCloud連絡先で集中管理されて問題はないと思います。
ただし、以下に当てはまるような方は、グーグルコンタクトを検討されてもいいかと思います。

1.グーグルのサービスを多く使っている方

2.すでにグーグルコンタクトを使用されている方

3.グーグルコンタクトとiCloudの両方に連絡先が保存されている方

4.アンドロイドのスマホを使っている方

5.パソコンのメールソフトなどでも連絡先を使いたい方

これらの1~5までのいずれかに当てはまる方は、
グーグルコンタクトの利用を検討されても良いかと思います。

 

連絡先情報を統一して集中管理する重要性

先ほどから何度も申し上げていますが、連絡先アプリを使う場合は、
一つの連絡先で集中管理することがベストです。

 

つまりiCloud連絡先で管理するなら、icloud連絡先で統一する。

グーグルユーザーで管理するなら、グーグルコンタクトで統一する。

 

このようになります。
もし、何らかの理由により、iCloudにも連絡先情報があり、グーグルコンタクトにも連絡先がある場合は、どちらかに情報を統一します。

グーグルコンタクトで管理をすると決めたら、
iCloudの連絡先情報をエクスポート(取り出し)して、
グーグルコンタクトにインポート(入れる)します。

iCloud連絡先で管理をすると決めたら、
グーグルコンタクトの情報をエクスポート(取り出し)して、
iCloudにインポート(入れる)します。

どちらかの情報を取り出して他方に結合するということです。

 

ここでのポイント:

自分の好きな方で連絡先情報を統一する。
連絡先情報のインポート・エクスポートを行います。

 

グーグルコンタクトで集中管理するための手順

グーグルコンタクトは、グーグルの会員向けのサービスです。
つまりグーグルコンタクトを使うためには、最初にグーグルのアカウントをiPadに関連付けする必要があります。

 

設定アプリからグーグルアカウントを関連付けします。
左例のメール/連絡先/カレンダーをタップします。

設定

 

ここにグーグルのアカウント情報を関連付けします。
関連付けが完了すると、グーグルコンタクトの情報を使えるようになります。

ipad-renraku-apps (6)

 

これがアカウントの関連付けが完了した後の画面です。
ここにGmailと表示されていれば成功です。

ipad-renraku-apps (4)

 

矢印の部分の連絡先が緑になっていることを確認します。
もし、iCloud連絡先で管理をする場合は、Gmailの中にある連絡先が白色でなければいけません(機能オフ)

ipad-renraku-apps (9)

 

ちなみにiCloudにも同じような設定があります。

設定アプリを開きます。

設定

 

ipad-renraku-apps (5)

 

赤矢印の部分が緑色になっている場合は、iCloud連絡先が有効になっています。もし、グーグルコンタクトに統一したい場合は、ここを白色(機能オフ)にします。

ipad-renraku-apps (8)

 

連絡先のデフォルトアカウントを設定

連絡先アプリを使って新規に連絡先を登録した際に、どちらの連絡先保存サービに登録するかを設定します。(iCloudとグーグルコンタクトが存在する場合)

 

設定アプリを開いて、左例のメール/連絡先/カレンダーをタップします。

設定

 

右側の画面の真ん中より下に連絡先項目があります。

ここの一番下にあるデフォルトアカウントをGmail(グーグルコンタクト)かiCloudに設定をします。

初期設定では、iCloudに設定されています。もし、gmailに設定をした場合は、連絡先アプリで新規に作成した連絡先は、グーグルコンタクトの方に保存されます。

ipad-renraku-apps (10)

 

連絡先アプリの連絡先情報を切り替えるボタン

これは連絡先アプリにiCloud連絡先とグーグルコンタクトの情報を関連付けしているためグループボタンが表示されています。

もし、連絡先アプリにiCloud以外の連絡先サービス(グーグルコンタクトなど)を関連付けしていない場合は、そもそもこのグループは表示されません。

ipad-renraku-apps (2)

 

今、赤矢印が二つありますね?これは、連絡先アプリにGmail(グーグルコンタクト)とiCloud連絡先の二つが存在していること示しています。

緑矢印にレ点があります。このレ点をつけてから上の完了ボタンを押すと、連絡先アプリにGmai(グーグルコンタクト)の情報だけが表示されるようになります。

逆にGmailのレ点をはずして、下のiCloudにレ点をつけると、iCloudのみの連絡先が表示されるようになります。

ipad-renraku-apps (3)

 

連絡先をスッキリまとめる為の作業の流れ(復習)

1.まずは自分がiCloud連絡先で集中管理するのか、グーグルコンタクトで管理するかを確定させます。

 

1-1.
iCloudに連絡先が入っていて、このままiCloudで管理したい方
→ 特に何も行う必要はございませんが、この記事を参考にしてiCloudの連絡先をパソコンで編集・管理する方法を覚えましょう!

 

1-2.
iCloudに連絡先が入っていて、グーグルコンタクトで管理したい方

1-2-1.
iCloudの連絡先をエクスポートします。(取り出します)
パソコン版のiCloud.comでvcardの出力ができません。←理由は不明です。

現状、ウィンドウズパソコンでは、vcardの出力(連絡先情報)ができないようです。この点は、追って連絡をさせていただきます。

1-2-2.
取り出したiCloud連絡先をグーグルコンタクトにインポート(入れる)します。

1-2-3.
設定アプリ>>左列のメール/連絡先/カレンダーをタップする。右側画面でGメールのアカウントを追加、iCloudを押して、連絡先をオフにする、その後、右側の画面を下に移動して連絡先のデフォルトアカウントをGメールに変更する

1-2-4.
設定は完了です。

 

連絡先アプリの仕組みがわかった所で、設定を行っていきましょう!

iCloudの連絡先をパソコンで管理する方法

Gmail(グーグルコンタクト)で連絡先を管理する方法

 

この記事のまとめ

連絡先の管理は最初が肝心です。どの連絡先で集中管理していくかにより、連絡先情報の汎用具合が違います。

個人的には、グーグルのサービスを多く使用していますので、すべてグーグルで統一している場合が多いです。特に連絡先アプリなどは、後から変更するのも面倒ですから、最小限の変更作業になるように工夫が必要です。

iCloud連絡先で管理をしていくのか、それともグーグルコンタクトで管理をしてくかは、全てユーザーの利用方法によると思います。

iCloud連絡先で管理すれば、iPhoneやiPad上での連絡先に関する誤表示等が少ないと思います。

アンドロイド系のタブレットやスマホに乗り換える可能性がある場合などは、グーグルコンタクトで管理をしていたほうがいいと思います。

少し迷うところではありますが、重要なポイントは、一つの連絡先保存サービスで集中管理することです。

あれもこれもと連絡先保存サービスを多用するべきではないと思います。

 

編集後記

いや~みなさん、お疲れ様でした^^
今回の内容は少し難しかったかも知れません。

何かわからないことがございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

デジシニ応援部
運営者