iPadのBluetooth機能を活用してハンズフリー会話を楽しむ方法

DSC02695

本日の目標

Bluetooth製品とiPadを接続して新しい楽しみ方を覚える

 

アイパッドレッスン28のご挨拶

どうも皆様、こんにちは。
運営者でございます。

 

アイパッドレッスン28の本編

この動画が本編になります。
それでは、紙と鉛筆を用意して再生ボタンを押してください(^^)

 

念の為、この動画の下に動画のハイライトを記載しておきます。
何かのひらめき等がありましたら、積極的にコメントをお願いします。
それが記憶をより確かな物にする助けにもなるはずです。

 

最初に二時間ほどかけてフル充電を行います。

製品を取りだしたら、真っ先に充電をします。
充電を行わずに設定を行おうとすると、
下記のペアリングモードが途中で解除されてしまい、
少しだけ面倒な事になってしまいます。

 

最初に必ず充電を行います。
充電器は付属していますのでご安心ください。

 

このように接続をして待つだけです。
約二時間後にフル充電状態になります。

DSC02702

 

ヘッドセット側の電源を入れて、ペアリングモードにします。

IPADとBlutootheヘッドセットを設定する時は、
ペアリングモードにして設定を行います。

 

ここが一番大切なポイントです。
必ずペアリングモードにして行ってください。

 

ペアリングモードかどうかは、
ヘッドセットの青色のランプで確認をします。

 

このランプがついている事を確認してから、
iPadの設定に進んでください。

DSC02696

 

アイパッド側の設定を行います。

設定のアイコンをタップ。

0731 (1)

 

もし、ペアリングモードではない場合、
このような表示がずっと続きます。

20140801 (2)

 

これではいつまで待っても設定をする事ができませんので、
ヘッドセットのリセットを行わなければいけません。

ヘッドセットのリセット方法は動画の中で解説をしています。

 

無事に設定が完了すると、このような画面が表示されます。
次回以降はこの設定は不要であり、Bluetoothの電源を入れると接続します。

20140801 (4)

 

Bluetoothヘッドセットを使うとどうなるの?

スカイプやその他の通話などを、ハンズフリーで楽しむ事ができます。
またミュージックなど、本来、iPadから出る音も
全てこのヘッドセットから聞こえています。

つまり解除をしない限りずっとという事です。

 

Bluetoothヘッドセットの利用を開始・終了したい場合

最も簡単な方法は、ヘッドセットの電源をオフにする事です。

DSC02699

 

ただし、ヘッドセットをオフにしても
iPadはBluetoothの接続がオンになっていますので、
いわゆる待機電力という物を消費し続けます。

 

これが嫌な場合は、Blutoothヘッドセットの電源オフと、
iPadのBluetooth機能のオフの両方を行いましょう。

 

ホーム画面で画面下から上に引き上げます。

20140801-1 (2)

 

コントロールパネルを表示して、
赤枠の部分をタップして、オン・オフを切り替えます。
白色がオン・黒色がオフを表します。
これによりiPadのBluetooth機能もオフになりました。

20140801 (3)

 

よくある疑問集

どれだけ離れて会話をする事ができますか?

通信環境にもよりますが、
最大で約9メートルほど離れていても可能との事です。
但し、実際は建物の壁等がありますので、半分以下になると思ってください。

 

iPadの設定画面に該当するBluetoothヘッドセットができません。

ここに表示されるためには、
Bluetoothヘッドセットをペアリングモードにする必要があります。
ペアリングモードにしない限り、いつまでもデバイス検索が続きます。
詳しくはこの記事の上部をご覧ください。

 

ヘッドセットとipadの設定が完了しているのに、
あるアプリの音がipadから出ます。なぜですか?

基本的にipadとBluetoothヘッドセットの設定を完了すると、
ほとんどの音関係は自動的にヘッドセットから出るようになります。

 

しかし、中にはアプリによって、
Bluetoothヘッドセットを使うかの個別設定を要求するアプリがあります。

 

もし、設定を完了しているのにiPadの本体から音がでる場合は、
お使いのアプリの設定項目を見てみましょう!

 

設定項目の中にBluetoothに関する設定項目があるはずです。
ちなみに一例として、下記のアプリに設定を記載しておきます。

 

このアプリもアプリの設定メニューから、
個別にBluetoothを使うかどうかという仕様になっていました。

 

通話アプリの設定一例

SMARTalkという通話アプリがあります。
このアプリもBluEtoothを利用する設定が個別に必要です。

20140801-1 (1)

 

20140801 (5)

 

20140801 (6)

20140801 (7)

 

20140801 (1)

 

ちなみにフェイスタイム等はこの設定は不要です。
アプリによって違うということだけは覚えておくといいと思います。

 

各部の紹介

DSC02697

 

側面の赤い部分を押すことにより、着信に応答する等が可能です。

DSC02698

 

ペアリングモードが有効である時に光る青色のランプです。
初期設定時に表示されて、この状態でiPadでデバイス検索を行います。

DSC02696

 

電源のオンオフを行うことができます。
上記の記事のBluetooth自体をオフにする事もできますが、
この機械のこの部分をオフに切り替えてもokです。

DSC02699

 

ボリュームの調整ボタンです。

DSC02700

 

耳のかけ具合を調整する為のフックです。
これを用いて右耳用、左耳用にする事も可能です。

DSC02701

 

充電をする時は、この穴に差し込みます。

DSC02702

 

充電ケーブルと本体の写真です。

DSC02703

Bluetooth製品のこんな物もあります。

iPadにキーボードを追加したい場合は、
Bluetoothキーボードが便利です。

これについては、こちらの記事が参考になります。

 

両耳タイプのイヤホンもあります。
iPadを家に置いたまま半径数メートル以内で好きな音楽を聴くことも可能。
最大9メートル弱が可能との事ですが、半分以下を想定するといいとも思います。

 

庭掃除をしながら、家事をしながら、犬と遊びながらでも、
iPadを手に持つことなく、音楽を楽しむ事ができます。
もちろんラジオなども可能です。

iPadから出る音関係は全てBluetoothイヤホンで聴くことができます。

 

今回ご紹介した製品

Jabra EASYGO A2DP Red Bluetooth ヘッドセット

家電量販店で購入する事も出来ますし、
下のリンクからアマゾンで購入する事もできます。

お好きな方をどうぞ!

 

周りから見ると少しだけ近未来的な製品に見えます。
ぜひ、このマイクを導入して今までよりも快適な通話を楽しんでください。
以上でレッスン28を終了します。

最後までお読みいただきありがとうございました!(^^)!

 

コメント・評価のご協力をお願いします!

お知らせの下に評価機能とコメント欄があります。
星をタップするだけの簡単評価機能。
投稿しやすいコメント欄を設けています!