アイパッドで印刷をする!

 

以前、iPadから印刷する方法を書かきました。

気軽に写真などを印刷できるのは良い、でも、気になるのがインク代!
ところで最近のプリンターって価格が安いと思いませんか?

さらにそれらのプリンタに限って、インク代が高かったりします。
なぜでしょうか!? 実は、ここにメーカーの狙いがあります。

安いプリンタを購入させてインク代でガッチリ儲ける

残念ではありますが、このような図式になっています。
ということで私たちが印刷すればするほど、インクが儲かるようになっているのです。

こんな業界に不満を持っている人をターゲットにしたインクがあります。
それがリサイクルインクと呼ばれるものです。

このリサイクルインクというのは本当に安いです。
今回は、このリサイクルインクにスポットを当ててみます。

リサイクルインクを購入してインクを補充。

この写真のセットでお値段2000円ほどです。
インクが少し減っているのを確認することができると思いますけど、
この減っている分が一回で補充した分になります。

何をもって正規とみなすの?

正規品の場合は、減っている分だけで一本あたり900円弱ほどします。
いかに値段が高いかがお分かりいただけると思います。

プリンタメーカーは、私達消費者にこう伝えます。

正規品以外のインクを使用されると
プリンタに不具合が起きる場合があります。
正規品のご利用をオススメします。

このような表示を店頭で見かけます。

これらの文言がどこまで本当なのかはわかりませんけど、
万が一、プリンタが壊れるリスクを取るのがいいのか、
それとも安いインクを選んだほうが良いのかを考えてみました^^

まずサードパーティーのインク
購入価格は2300円です。
四本入りなので単純計算で一本辺り500円ほど
500円のうち、一回の補充分は100円ほどです。

一回の補充コスト:100円×3=300円(3色補充した場合)

純正品の場合
一本辺り700円ほどです。
700円×3色=2100円(3色補充した場合)

正規品の場合、一回の補充辺り約1800円多く払うことになります。

私のプリンタの場合は、新品の価格が約6000円です。

6000円/1800円=約3回

結論

私の場合は、約三回でインク代の差額がプリンタ本体の価格を上回ります。
この結果を皆さんがどのように判断されるかは自由です。

やはり純正品でないとイヤという方は純正品を選ばれるべきです。

私はコストを重視して、純正品は使わないと思います。
販売戦略にのせられて悔しいという自分もいます(笑)

*決して非正規品を推奨しているわけではありません。
ご自分の責任で行ってください^^

もし気になる方は、アマゾンさんなどで
『インク 互換 メーカー名 プリンターの型番』などで検索をしてください。