今ある端末を利用して格安スマホ化する方法

大手携帯電話会社の回線を間借りして格安で貸し出すMVNOサービス。
昨今では、総務省からシムフリー化に対応させなさいという音頭が出るほど注目される物となってきました。

私が提供している携帯電話料金無駄削減サービスでも、
月々の携帯電話代金が合計で8000円弱というのが殆どです。

これが普通だと考えているあなたに伝えたい。

本当にそうなの??

 

利用には、シムフリー端末が必須!?

MVNO回線を利用する為にシムフリー端末を必ず用意しなければいけないわけではありません。今、契約しているスマホをそのまま使用する事も可能です。

シムフリー端末を用意して、MVNOに乗り換えるのがベストだとは思いますが、シムフリー端末を用意するにもけっこうな支払が伴ったりします。

月々の利用料金を下げたいという思いはあるもの、実現するための携帯端末が高くて敬遠してしまう方が多いのではないでしょうか。

 

そのまま使えるスマホの条件

MVNOは、大手携帯電話会社の回線を間借りしています。

様々なMVNOがありますが、どの携帯電話会社の回線を間借りしているかという明確な違いがあります。

一番多いのは、ドコモの回線を利用したmvno。
当サイトでは、みおふぉんをお勧めしています。

au回線を使用したmvnoは、mineo(マイネオ)です。

残念ながら、ソフトバンク回線を利用したmvnoはなさそうです。

つまり現在、ドコモのスマホを持っている方は、みおふぉんと契約をして、
auの携帯を持っている方は、mineo・マイネオと契約をする事によって、
今お使いになっている携帯電話をそのままMVNOの端末として使用することができます。

 

MNPをすれば、電話番号そのままで格安スマホに変身

電話番号を変更することなく、携帯電話会社を変えることができるMNPサービスを利用すれば、MVNOへの転入も気軽に行えます。電話番号がそのままで月々の携帯電話代を大幅にカットができます。

毎月5000円以上安くなる方が多いと思います。

みおふぉんのMNP転入手続きの説明

mineoのMNP転入手続きの説明

 

この記事のまとめ

契約しようとしているMVNOが、どの携帯電話会社の回線を使っているかがポイントです。

自分が契約している携帯電話会社の回線を使用しているMVNOであれば、今、使っているスマホをそのまま利用することができます。

 

*MVNOのシムを購入する際は、シムカードの形状にも気をつけましょう!

みおふぉん

 

MINEO