iOS8に対応!メッセージアプリの使い方

メールに似ているけれど、メールではないコミュニケーション手段としてメッセージアプリがあります。このアプリの特徴は、お互いのやり取りを時系列で確認できる事です。

 

本日の目標

メッセージアプリの使い方をマスターする!

 

メッセージとメールの違い

メッセージとメールの違いは、時系列に一覧表示する事ができるかです。Gメールなどでは、スレッドという形でまとめられていたりしますが、これでも見やすいとまでは言えません。それに対して、以下の画像がメッセージアプリのやり取りの画面です。

 

左側が相手の人、右側が自分のコメントを表示しています。

時系列に自分と相手のコメントが上から表示される。

これがメールとの最も大きな違いです。
正直、こちらの方がかなり見やすいと思います。

iphone-messsage (13)

SMS、MMS、iメッセージの違い

メッセージアプリを使ってやり取りできるメールは三種類あります。
皆さんは主に3つ目のiMessageでのやり取りを行う事になります。

設定を行えばショートメッセージとして送信する事も可能です。
ただし、この場合は携帯電話各社のメール送信料がかかる可能性があります。

 

1.SMS
ショートメッセージで電話番号のみで送受信ができます。
画像などの添付を行うことはできません。

 

2.MMS
ソフトバンクやauを契約していている方のキャリアメールを送受信できます。
画像などの添付も簡単に行うことができます。

 

3.iMessage
アップルIDに関連付けしている電話番号やメールアドレスで送受信ができます。
やりとりできるのは、iPadやiPhoneなどのiOS端末間のみとなります。

 

メッセージアプリの画面構成

メッセージアプリを起動すると最初に表示される画面です。

青枠の編集を押すと、メッセージを削除する事ができます。
赤枠でメッセージの新規作成画面を開きます。
緑枠でメッセージを検索する事ができます。

黒色に塗られている部分がそれぞれ違うメッセージになります。

iphone-messsage (2)

 

メッセージの送信方法

緑枠に宛先を入力します。ここには電話番号やメールアドレスを入力できます。これらを手で直接入力するのは大変ですから、右側の+ボタンから連絡先を呼び出します。
赤枠には、本文を入力します。この部分は改行を使って入力画面の大きさを調整する事ができます。

iphone-messsage (5)

 

宛先の入力と削除方法

宛先を連絡先アプリから呼び出します。右側の+ボタンを押しましょう!

iphone-messsage (3)

 

メッセージを送りたい人を選びます。

iphone-messsage (7)

 

もし、宛先を消したい場合は、下の赤枠をタップします。
すると、宛先が青色表示に変わりますので、それを確認したら×ボタンを押します。

IMG_0398

 

文字の入力範囲を広げる方法

新規作成の画面では、本文の入力欄がとても小さく見えます。
実はこの部分は改行をする事によって大きくすることができます。

最初に改行ボタンを押して入力範囲を広げておけば、入力がしやすいですね。

iphone-messsage (17)

 

メッセージアプリの本文入力に慣れましょう!

本文の入力時は、下記の事を覚えてください。
本文にカーソルがある状態でキーボード入力をします。

キーボード入力をしても、そのまま本文に入力されません。

キーボードの入力→赤枠の部分に表示
   →確定ボタン→本文に反映という流れをたどります。

iphone-messsage (19)

 

写真やビデオを添付する方法

メッセージには写真やビデオを添付して送ることができます。

iphone-messsage (4)

 

フォトライブラリをタップします。

iphone-messsage (10)

 

メッセージアプリの本文に画像が添付されました。
あとは本文を整形して送信ボタンを押すだけです。

iphone-messsage (11)

 

ボイスメモを送信する方法

iOS8.1からボイスメモを送信する事ができるようになりました。
例えば、キーボード入力では難しい長い言葉を声で録音して相手に届ける事ができます。

声で届ける為、文章入力の時間を省くことができます。また電話ではないため、相手の都合が良い時に音声を届ける事ができます。

相手に対して初めてのメッセージにあたる時は、ボイスメモを送ることができません。二通目以降のメッセージに対してボイスを送ることができます。

 

赤枠のマイクを長押しします。長く押してください。
押したまま喋ります。

iphone-messsage (6)

 

録音状態です。赤枠に波形が表示されていますね。
押し続けたまま録音をして、話し終えたら、その指をピンク矢印の方向へスライドします。

ピンク枠の上矢印に指がきたら画面から離します。
ビヨンという音と共に本文上に音声が投稿されます。

iphone-messsage (16)

 

本文上に音声が投稿された様子です。

iphone-messsage (12)

 

複数の人にメッセージを送る

メッセージアプリは同じ内容のメッセージを複数の人に送ることができます。
複数の人を指定するには、一人目を入れ終えた後に二人目、三人目と追加していくだけです。

iphone-messsage (9)

 

送信が成功したか確認する方法

無事に送信できたかは、下記に示すような表示で確認ができます。
赤文字で未配信などと買われている場合は送信できていません。

iphone-messsage (20)

 

自分の現在地を相手に送信

メッセージに自分の位置情報を付記して送信する事ができます。
待ち合わをしている時「ここにいるよ!」と相手に伝えられます。

iphone-messsage (14)

 

iphone-messsage (15)

 

ビデオやフェイスタイムに切り替える方法

メッセージアプリからフェイスタイムに切り替える事ができます。

iphone-messsage (14)

 

左のアイコンが音声として発信をする場合(映像送信なし)

右のアイコンがビデオとして発信をする場合(映像有り)

iphone-messsage (18)

以上がメッセージアプリの基本的な使い方となります。
メールとの違いをお分かりいただけたと思いますので、
ぜひ、積極的にご活用ください。

 

コメント・評価のご協力をお願いします!

お知らせの下に評価機能とコメント欄があります。
星をタップするだけの簡単評価機能。
投稿しやすいコメント欄を設けています!