レーザーキーボード

DSC02120-546x307

子供の頃、こんなキーボードを夢見ていた事がありました。
今回、ご紹介するキーボードは、レーザーキーボード、
プロジェクションキーボードとも言います。

 

写真で少しだけ分かるように一番の特徴は、
キーボードの入力部分がレーザーで投影されている点です。

 

キーボードで入力する部分がレーザーで投影されているので、
いつものキーボード入力と同様に行うだけです。
特に難しい入力方法というわけではありません。

 

とはいえ、本当に入力ができるのかと疑ってしまいますね^^
でもね、しっかりとレーザーキーボードで文字入力が出来ます。

 

レーザーキーボードの仕組み

小難しい事は100メートル後方へ置いておいて、
簡単な仕組みを紹介させて頂きます。

 

まず最も大切なのがコレ。
ここからレーザーが投影されます。

この箱のような物を入力したい机などに置きます。
次に、手元の機械と、この物体を無線で接続をします。

 

手元の機械とは、iPhoneやipadなどの事を言います
もちろんアンドロイド搭載端末やウィンドウズでも利用可能です。様々な機械に対応しているのがいいですね^^

 

すべての準備が整うと…..

赤色のレーザービームが投影されます。
投影されたビームが、なんとキーボードが変身です。

 

ブラボー!
これがレーザーキーボードの簡単な仕組みです。

 

今までありそうでなかった便利グッズです。
とても近未来的で素晴らしいですね^^

DSC02121-546x307

 

レーザーキーボードはどんな利点があるのか

このレーザーキーボードの利点を少し考えてみたのですが、
個人的には、以下に示すものを思いつきました。

 
荷物が少なくなる
私の場合、外出時にはなるべく荷物を持ち歩きたいです。
世の男性もこれに同感される方がいらっしゃるのではないでしょうか。

両手をあけて、手ぶらで外出をしたい方は便利ですね。

 
レーザーキーボード入力は場所を選ばない
外付けのキーボードを持ち歩いたとしても、実際に外出先でキーボード入力をするには、それなりに場所の選択が必要になります。

 

「あ~ここは平らじゃない」や「肘があたるからもっと広い所がいい」などです。

 

この点、このレーザーキーボードは場所を選びません。
投影した所がキーボードへと様変わりします。

 

食卓の上、コタツの上、カフェのテーブルの上、どこでも、どんな場所でもレーザーキーボードを使う事ができます。

 

それに少しだけ「尊敬の眼差し」で見られるかもしれません^^

 

本日もお読み頂き有りがとうございました。
少しでもお役に立つ事ができれば光栄です。

 

コメント・評価のご協力をお願いします!

お知らせの下に評価機能とコメント欄があります。
星をタップするだけの簡単評価機能。
投稿しやすいコメント欄を設けています!