パソコンのキーボード操作・小技

今日はパソコン操作のお話です。
パソコンの画面に複数のファイルが表示されているとします。

A、B、C、Dとファイルが並んでいる場合、これを効率よく選択するにはどうすればいいのでしょうか?
今回は、この操作方法をお伝えします。

 

本日の目標

キーボードにあるシフトキーやコントロールキーを使うと、複数のファイルを選択する時に便利です。

 

シフトキーとコントロールキーの役割

シフトキーとコントロールキーは、複数のファイルを選択する時に役立ちます。
今、以下の画像のようにファイルが並んでいるとします。

スクリーンショット 2015-02-03 08.55.02

 

このように複数のファイルを移動や削除する時に最初にファイルを選択しますね。
5個くらいの少ない数であれば、一つ一つ選択していく事も可能ですが、100個や200個などという複数になると、その方法では効率が悪すぎますね。

 

そこでシフトキーやコントロールキーを活用します。
シフトキー?コントロールキー?という方のためにまずは場所のおさらいです。

 

これがコントロールキー。

key (1)

 

こちらがシフトキーです。

key (2)

 

上記のいずれかのキー(シフトやコントロール)を押しながら、マウスでクリックなどをすると、ファイルを複数選択する事ができます。シフトキーやコントロールキーを押しながら、というのがポイントです。

 

この二つのキー。複数のファイルを選択するという点では、役割が似ているのですが、少しだけ違う所があります。
それは、個別に選択の調整ができるという点です。

 

これは実際にお試しになっていただいた方が分かるかと思いますが、シフトキー+クリックをすると…

このように複数のファイルを全て選択する事ができます。

pic (1)

 

ただ、中には選択に含めたくないファイルも有りますね。
こういう場合は、コントロールキー+マウスでクリックを行います。
すると、個別に選択の追加や削除を行うことができます。

pic (2)

 

この記事のまとめ

今日の内容はちょっとしたパソコン技となりますが、知っていて損はない物だと思います。実践でお試しください。