格安航空券を利用して旅行を楽しみましょう!

今日のテーマは、格安航空会社(LCC)の予約をアプリを使って行うがテーマとなります。

突然ですが、皆さんが航空券を購入する場合、どのような方法で購入をされますか?航空会社へ連絡をされますか?それとも旅行代理店などを通して購入されますか?

今日、ご紹介する方法は、上記のどちらでもなく、
iPadアプリ(インターネット)で航空券を購入する方法です。

 

ビデオで確認をする!

 

格安航空会社・ジェットスター

格安航空会社の中でも自分的にお気に入りなのが、ジェットスターです。
といいますのは、私、中部国際空港を利用するのですが、
東京と大阪には多数のLCCがあるのに中部国際空港は乏しいのです….涙

そんな貴重なLCCの一つがジェットスターなのです。
という事で、自己中を発揮して、ジェットスターの解説でご了承ください。

他のLCCの記事も順次公開をしていくつもりではありますが、
私の時間と皆さんの反応しだいって事でお願いします。

という事で、今の所、このジェットスター解説記事が最初で最後となります。
もし、このLCCも解説して欲しいという熱いメッセージがありましたら、
下のコメント欄からよろしくです。

 

ジェットスターの航空代金の一例(名古屋発)

安い、安いと言うけれど、実際どれくらい安いのという方のために以下の画像をご用意しました。
これ、すべて名古屋発の各地への片道航空代金です。

jet

 

もちろん、この価格は日付や出発時間の設定により前後するわけですが、
たとえ土日出発であっても、片道一万円を考えれば十分なレベルです。

平日や出発時間の組み合わせがよければ、上記の価格に近いチケットを取得することができます。
ちなみにこの航空券、特にセールス期間限定ということではなく、これが通常料金です。

ジェットスターのタイムセールというのは、こんなレベルではなく、

名古屋~那覇900円♪

なんてこともありえます。
スミマセン。

この価格は、実際目にしたわけではなく、例えば話です。
私が目にしたことがあるのは、名古屋~鹿児島980円とかでした。

ですから名古屋~那覇もありえるのかな?と期待をこめて書いただけです。
要するに、安いって事です。

 

ジェットスターを利用する流れ

1.パソコンやiPadからインターネットで予約をします。

もしくは、ローソンやミニストップにあるロッピーでも購入ができます。
この記事では、iPadアプリを使った購入手順を紹介します。

 

2.ジェットスターアプリをダウンロードします。

ジェットスター
カテゴリ: 旅行
現在の価格: 無料

 

3.アプリを立ち上げて新規会員登録をします。

jetstar (8)

 

4.会員登録後、航空券を購入します。

航空券は、下のセールス中という所か

jetstar (3)

 

画面左上の三本線を押すと表示される予約するというボタンから行います。

jetstar (2)1

jetstar (7)

 

5.予約が完了すると、このようなメールが届きます。

緑枠の予約番号というのが非常に重要な番号になります。
何かの問い合わせをする時には、この番号を伝えるようにしましょう!

jetstar (5)

 

6.ウェブチェックイン

決済をクレジットカードで行っている場合で、受託手荷物等が無い場合は、
チェックインカウンターに行くことなく、保安検査場へ行くことができます。

これを実現する為には、予めインターネット上でチェックインを行います。

 

ウェブチェックインの方法

ジェットスターから届いているメールの中に
赤枠のようなウェブチェックインというボタンがありますので、そこを押します。

緑枠が予約番号です。

JETSTAR (1)

 

チェックインする航空券にレ点を入れます。

JETSTAR (2)

 

ページの下にあるいいえにチェックを入れてから、次へを押します。

JETSTAR (3)

 

チェックインする航空券の確認をします。

JETSTAR (4)

 

搭乗券を印刷します。指定のメールアドレスで受け取るようにします。
メールに搭乗券のPDFファイルが添付されてきますので、
それを印刷して空港に行ってください。

空港によっては、ウェブ上の確認でもOKな場合がありますが、
印刷しなければ受け付けないという空港もあるようです。
ここは印刷して持参する方が賢明です。

JETSTAR (5)

 

最後に搭乗券を作成するを選択して完了です。

JETSTAR (6)

 

数秒後に下のような搭乗券がメールで届きます。
これを印刷して空港へ向かってください。

jetstar (4)

 

よくある質問

受託手荷物ってなに?

航空機に預ける荷物の事を言います。
LCCは、この荷物の重量が非常に重要になります。

機内への持ち込み手荷物は、原則一つ。
ただし、小さな手提げかばんやお土産袋などは数に含まれません。
いずれの場合も重量が7キロ未満である必要があります。

それ以上の個数や重量の場合、
ベースの料金に荷物料金を別途支払う形になります。

 

何によって価格が決まるのか?

詳細は不明です。
ただ、私が利用した限り、
以下の要素で航空運賃が確定していくのでは?と思います。

・時間

往路は、出発時間が早い便の方が高くなりがち。
逆に復路は、遅い出発の方が高い。

・曜日

金曜日・土曜日出発の便が高い。

・シーズン

需要がある大型連休は跳ね上がる。

・残席数

ある便の中で売り出している席が少なくなってくると、
一気に航空代金が高くなるような気がします。

つまり残りの席数に応じて価格が上がるような気がします。

・セール

不定期に行っているセールは破格。

・オプションサービス

受託手荷物の有無、バウチャーの購入、席の指定などを追加すると、
その分だけ値段が高くなります。

このような要素が複雑に絡み合い表示されている航空代金になっていると思います。

 

バウチャーってなに?

ジェットスターカフェ(機内サービス)の支払いに使えるお金だとお考えください。それを事前に購入するということです。

 

飲み物くらいは出してくれるよね?

いいえ、出ないとお考えください。
LCCは街中を走っているバスと同じです。

バスに乗っている乗客にジュースを出しますか?
安さを求めているわけですから、相応のサービスで仕方がないことです。

 

■特に注意したいこと

持っている荷物に対する重量が非常に重要になります。
最初から受託手荷物がある場合は、必ず決済時に受託手荷物を申し込みましょう!

当日、空港で受託手荷物を追加すると、
非常に高額な料金を請求される可能性があります。

 

ジェットスターの席を予約する時のお得ポイント

席を指定すると、追加料金がかかりますが、
指定される場合は、先頭の席をおススメします。

前のシートがないので、非常にリラックスして搭乗することができます。

 

旅といえば、観光地やレストラン、ホテルの口コミが気になりますよね。

そんな時は、世界最大の旅行サイト【トリップアドバイザー】が便利だと思います!

 

今回ご紹介したアプリはこちらです。

ジェットスター
カテゴリ: 旅行
現在の価格: 無料