iPhone6の維持費は月々1600円+α

総務省がシムロックフリーの義務化を予定したり、MVNOのサービスが次々と登場する中、携帯電話を購入するにしても様々な方法がでてきました。
ややこしいというより、もはや何の事やら?と思われる方も多いではないでしょうか?そんな方々の為にiPhone6を新規で購入する場合の一つの方法をまとめてみました。また、合わせてiPhone6維持費などを想像して頂ければと思います。

この方法を利用すると良い方:

・携帯電話本体の料金を一括で払える方
・携帯電話会社に無駄な基本料金を払いたくない人
・外国へ行った時も安い現地での契約を行いたい人

 

本日の目標

iPhone6を購入する方法と、使用できるようにする手順を解説していきます。

 

なぜ、携帯電話会社と契約をしないの?

まずはこの疑問にお答えをしたいと思います。
様々な理由がありますが、最も大きな理由が無駄な携帯電話のお金を払いたくない事です。分かりにくい制度を次から次へと作り、解約させないように様々な特約を付けています。利用者としては、よくわかならいけど、何となく契約という方が非常に多い状況だと言えます。

 

正直、うんざりなんですよね~
当たり前のようにかかる携帯電話の料金を見直して見ると、
自分がどれだけの無駄金を投じていたのかを実感する事ができますよ。

そういう意味で携帯電話会社に小さな小さな反旗を掲げたという事です。

 

さらにもう一つ大きな事と言うと、携帯電話会社のiPhone6はシムロックという物がかけられていて、ソフトバンクiPhoneならソフトバンク、auならauの回線でしか使用できないようになっています。

 

最近、総務省の方で原則シムロックを解除しなさいという通達が有りしましたので、今後は少しずつ改善されていくとは思いますが、現状ではシムロックフリーの端末となります。

このことを正確に反映すると、携帯会社のiPhoneはシムロックされているiPhoneと言えます。

 

この方法のメリットは?

最初に携帯電話の本体の料金を支払っているので、携帯割賦代金というお金はかかりません。シムロックフリーなので話題のMVNOの格安サービスを選択できます。携帯電話の基本料金+通話料金+データー通信量という常識化されている通信料金に風穴をあけているサービスを受けることができます。

 

データー通信料金は4000~6000円の使いたい放題であるという常識
これもしっかりとぶち壊していますよ!

 

通話料金は30秒ごとに20円(他社同士の通話)という常識
もちろんこれもぶち壊しています!

 

スマホを持つと月々2000円以下にならない常識
こんなのも当たり前に実現できます。

 

今までの携帯電話の常識を色々な面でぶち壊してくれるのが、
MVNOという格安シムカードのサービスになります。

 

シムロックフリーの端末を入手する事ができる!

携帯電話会社で販売されているiPhone6対して、アップルで販売されているiPhone6は、シムロックフリーの端末です。
シムロックフリーだから、格安のMvnoのサービスを自分で選ぶ事ができます。

 

MVNOってなに?

ドコモやauなどから携帯電話の回線を借りて独自のサービスを打ち出している会社になります。独自のサービスとは、格安の通話料であったり、通信料の事を言います。私のプランも、データー通信2GBと音声通話が含めれて1600円という破格の安さです。

スマホを所有する=1万円弱の維持費がかかるという常識は今すぐ捨てるべきですね。携帯電話会社の策略から一刻でも早く脱出するべきだと思いますよ(‘ω’)ノ

 

もしかするとこんな事を考えていませんか?
「ドコモと直接契約した方が安いんじゃないの!?」

ドコモ→MVNOの会社→私たちという事ですから、ドコモと直接契約をする場合より高くなりそうな気がしますが、実はその逆で大幅に安くなります。

 

安くなる理由はここでは語りません。難しい事を省いて要点は…..

アップルで購入するiPhone6はシムロックフリーの端末。

シムロックフリーの端末には、安いシムカードを指すことが可能。

MVNOの選択を正しく行えば、今よりも通話料や通信料をさげる事ができる

という三点を覚えてくださいね(^^)

 

ちなみに私のiPhone6に挿入しているシムカードも、MVNOであるビックシムになります。少しずつ魅力が伝わってきましたでしょうか?それでは、順番に導入までの流れを説明していきます。

 

シムロックフリーのiPhone6をオンラインアップルストアで購入する手順

シムロックフリーのiPhoneを手に入れるには、全国のアップルストアで購入するか、最寄りにアップルストアが無い方は、アップルオンラインストアで購入します。店頭購入の場合でも必ず予約を行う必要があり、お店に尋ねて「これください」というノリでは購入する事はできません。

 

最寄りにアップルストアが無い方は、アップルのオンラインストアで購入をします。こここで購入をすれば、約二週間でお手元に届きます。

 

詳しくは以下の記事でを紹介をしています。

オンラインアップルストアでiPhone6を購入する手順

 

約二週間後、iPhone6が到着します。

アップルオンラインストアで購入をしてから約二週間後に到着をしました。

*iPhone6の初期設定でシムカードが必要です。ネットだけの端末にするつもりの方でも初期設定で必ず必要になります。シムカードの申し込みから到着までは、約一週間かかりますので、iPhone6が到着するまでの間に下記のビックシムの契約を終えられる事をお勧めします。

やったぜ!iPhone6が到着。

 

ビックシムを購入!iPhone6へ導入する手順

上記でも説明をした通り、シムロックのiPhone6を初めて利用する時は、シムカードが必要になります。MVNOと契約をしていずれかのシムカードを取得します。この記事では、ビックカメラのサービスであるビックシムの導入手順を説明しています。

iPhone6にビックシムを導入する手順

 

みおぽんアプリの導入とビックシムの特典

ビックシムのシムカードプランには、低速モード高速モードという物があります。高速モードの場合は、サクサクデーター通信ができるので快適です。ただし、その分、シムカードのデーター通信の上限に到着するのが早まります。データー通信を低速モードに切り替える事により、上限までの到着速度を緩めることができます。この低速モードと高速モードの切り替えをワンタッチで行うのが、みおポンという専用アプリです。

 

また、ビックシムの契約特典として、全国のwi2のWi-Fiスポットを無料で使うことができます。その申請も以下の記事で紹介をしています。

詳しくは、みおぽんアプリの導入とビックシムの特典をご覧ください。

 

楽天電話3分0円の登録から使用方法

ビックシムの通話料金は、30秒あたり20円です。これを30秒当たり10円にする方法があります。それが楽天電話を利用する事です。楽天電話から通話をする事により、通話品質を落とすことなく、通話料金を半減させることが可能です。

楽天でんわ・通話料3分0円プランの登録から使用方法をご覧ください。

 

楽天でんわ3分「0円」と30秒10円プランってどっちがいいの?

楽天でんわには2つの通話プランがあります。
この違いと注意点を下記の記事でまとめています。

詳しくは、楽天でんわの3分0円と30秒10円の違いをご覧ください。

 

コメント・評価のご協力をお願いします!

お知らせの下に評価機能とコメント欄があります。
星をタップするだけの簡単評価機能。
投稿しやすいコメント欄を設けています!