マップアプリ活用編

map

複数の方で相談をして集合場所を決める時があります。
そういう時に集合場所を説明するのって結構大変です。

 

特に自分の地元ではない遠方のどこかで待ち合わせという場合はなおさらです。
こんな時にマップアプリの一地点を共有すれば便利で簡単です。

 

本日はマップアプリのブックマーク機能と、
それをどのように仲間に伝えればいいのかを説明します。

 

本日の目標

マップアプリのブックマーク機能を使って、
仲間にある一点(集合場所など)を伝える方法を覚える。

 

マップアプリのブックマーク機能とは!?

まずはマップアプリのブックマーク機能をおさらいです。
ブックマークとは、地図のある一点を登録しておいて、
再度訪問するときに登録した場所の情報を簡単に呼び出す事が可能です。

 

活用方法としては、お気に入りの観光地、お気に入りの飲食店など、
二回目も必ず来たいという場所を保存します。

 

保存をすると、このように一覧で表示されるようになり、
これらの一覧から指定場所をポンとタップするだけで、
その登録場所の地図を簡単に呼び出すことができる機能です。

maps (9)

このブックマーク機能を利用して、もう一歩先の活用方法をお伝えします。

 

地図アプリから集合場所を伝える手順

まずはマップアプリを開きます。
様々なアプリがありますが、今回はipadの標準マップを使います。

 

このアプリですね。
map

 

集合場所にしたい所にピンを落とします。
ピンは、落としたい所を長押しする事で可能です。
ウィンドウの右端にあるiというボタンを押します。

maps (1)

 

maps (2)

 

どのように仲間に伝えるかという選択です。
もし、メールで伝えたい場合は赤枠部分を押します。

maps (3)

 

するとメールの作成画面が表示されます。
この状態で相手にメールが届きますので、
件名、本文欄は好きなように変更をしてください。

 

メールを受け取る相手が赤枠のドロップされたピンという部分を押すと、
地図アプリが自動的に開き、ピンを落とした場所が表示される事になります。
一応、これで相手には伝える事ができます。

 

もし、ドロップされたピンという文言を変えたい場合は、
最初にピンの地点をブックマークする必要があります。

maps (4)

 

ブックマーク登録→登録した場所を伝える方法(地点名を変える方法)

ドロップされたピンの文言を変えてから、相手に伝える手順を書いておきます。
ピンを落としてからiのボタンを押すまでは同じです。

 

ここでブックマークに追加をタップします。

maps (5)

 

集合地点の場所の名前を入力します。
皆さんが分かりやすい名前が良いと思います。
良ろしければ右上にある保存をタップします。

maps (6)

 

もう一度、画面の右上にある赤枠部分をタップします。

maps (7)

 

どのように伝えるかを選択します。
ココではメールを選択しています。

maps (3)

 

いかがでしょうか?
先ほど、作成した名前が本文中に表示されました。
この機能を使って目標地点・集合地点をマップアプリで共有しましょう!

maps (8)

 

コメント・評価のご協力をお願いします!

お知らせの下に評価機能とコメント欄があります。
星をタップするだけの簡単評価機能。
投稿しやすいコメント欄を設けています!