ipadでマップアプリを利用する方法

 

アイパッドのマップ機能を使う

マップ上でのピンチイン・ピンチアウトの操作

地図表示の切り替え クラッシク・航空写真

自分の位置と自分が向いている方法を調べる

住所を検索して行きかたを調べる

ストリートビュー機能を使うです。

 

大画面とパソコンにはない指による直感的な操作で地図閲覧もらくらくです。地図を扱うことができれば周りから一目置かれる存在になること間違い無しです。そんな地図機能の基本的な部分を紹介しています。

 

昨日のカメラのレッスンはいかがでしたか?
課題はしっかりとこなしていただけましたか?

 

今回はマップアプリの使い方です。アイパッドを使うようになって、最も恩恵を受けたのがこの機能です。

 

私は見知らぬ所へ行く時は、必ずアイパッドを携帯しています。
このアプリ、自分の現在地が数メートルの誤差範囲でわかります

「一体、私はどこにいるの?」

こんな困った事にならない為にもぜひ使い方を覚えてください。

 

マップ機能を使えるようになると…

・ルート検索ができます。(徒歩・電車・自動車)

・自分の現在地がわかります。

・自分の向いている方角がわかります。

・行ったことがない街の風景まで楽しめます。

 

さて今回のios6への移行により、グーグルマップが削除されてしまいました。(大人の事情)

 

新しいマップは色々と不具合も報告されていますけど、カーナビのような音声案内が使えるようになったことはいい事です。

 

また明日、動画メッセージを送ります!

 

アイパッドレッスンを便利に利用する!
ホーム画面にiPadレッスンのホームページを設定しよう!

ホーム画面にアイコンが表示されて、再訪問が簡単にできます!

詳しく知りたい方はこちら

iPadレッスンのメインサイト

>>今すぐ、設定をする!

iPadレッスンのブログサイト

>>今すぐ、設定をする!