iPadの壁紙関係のまとめ

kabegami

iPadは大画面を利用して実に様々な画像を壁紙として楽しむ事ができます。
画一的な規格のIPADを自分だけのオリジナルIPADにする為にも、
IPADの壁紙を楽しんでみると良いと思います。

 

今回はカメラで撮影した写真を壁紙にする方法、WEBから壁紙を見つける方法、
アプリから探す方法などを紹介したいと思います。

 

本日の目標

IPADの壁紙を自由に変更できるようにする。
また、きれいな壁紙を見つける方法を覚える。

 

壁紙を見つける方法

壁紙を探す方法はいくつかあります。
ご自分の適した方法で探すと、色々と良い壁紙に出会えると思います。

 

WEBサイトから壁紙を見つけてくる方法

まずは壁紙を楽しむにしても、
変更する壁紙を何らかの方法で入手する必要があります。

 

一つ目は、壁紙の無料配布サイトから調達してくる方法です。
世の中にはとても親切な方がいまして、
iPadに使える壁紙を無料で配布してくれる方がいます。

 

そんな方々のご厚意に甘えて、お気に入りに壁紙を探しましょう!
以下は、iPadでも使えるなと思った壁紙配布サイトの一覧です。

 

各配布サイトに遊びに行ってみてください。
なお、各配布サイトは私のサイトではありません。
そのサイトには、そのサイトの独自のルールというのがあります。

 

特に壁紙を無料で使用してもいいけれど、
二次配布はダメであったり、商業用はダメというルールがあります。

 

まぁ皆さんは個人的に使われる方が大半だとは思いますので、
この点はあまり気にされなくても良いとは思いますが….

 

念の為、壁紙をダウンロードする時は、
そのサイトの利用規約に目を通してくださいね。

 

もちろん私のサイト以外で起こったトラブルは
一切関知は致しませんので、完全自己責任でお願いします。
WEBサイトの配布されている壁紙のダウンロードから設定までの手順

下記の壁紙配布サイトからお気に入りの壁紙を見つけます。
もちろん、利用規約には目を通してくださいね^^

 

参考サイト:iipad.jpさんのダウンロード手順

 

サムネイル画像をタップ

201409021 (1)

 

ダウンロードをタップ

201409021 (2)

 

写真アプリを起動します。

写真 2014-07-07 19 51 44

 

画像を保存をタップ

201409021 (3)

 

画面の右上にある選択をタップ。
写真を選択してレ点を付ける。
左上にある四角と矢印をタップ

201409021 (4)

 

壁紙に設定をタップ

201409021 (5)

 

ロック画面かホーム画面に設定するか、
もしくは両方に設定するかを選択する。

201409021 (6)

 
壁紙配布サイト一覧

Wallpaper.sc
iPad Air , iPad mini , Retina含むiPad全機種に対応した壁紙。

 

操作方法、画面構成も簡単です。
トップページの上にジャンル分けされていて、
タップすると下にその画像が表示される仕組みです。

とても操作がしやすいですね。

 

ダウンロード方法:

小さいサムネイルの画像をタップすると大きな画像が表示されます。
画像の上を長押しして、保存。

あとは上記で紹介した設定方法と同じです。

 

http://divnil.com/ipad/wallpaper/

iPad用の壁紙を毎日3回も更新されています。
全体的な印象としてアニメの画像が多いようん思います。

 

ダウンロード方法:

小さいサムネイルの画像をタップすると大きな画像が表示されます。
画像の上を長押しして、保存。

あとは上記で紹介した設定方法と同じです。

 

http://iipad.jp/

50人以上のクリエーターがipad用のオリジナル壁紙を公開しています。
他にないような独創的な壁紙が多数存在しています。

 

少しだけ画面構成が難しい印象です。
文字の大きさも小さく、シニア世代に少しきついかな…汗
ダウンロードも他のサイトよりも1ステップ多い操作になっています。

ただ独創的な絵が欲しいなら間違いなくここをおススメします。

 

ダウンロード方法:

小さいサムネイルの画像をタップする。
ダウンロードのバナーをクリック。
大きな画像が表示されます。
画像の上を長押しして、保存。

あとは上記で紹介した設定方法と同じです。

 

http://ipadkabegami.com/

特徴:とにかく大量のipad用画像が掲載されています。
全ての壁紙がリティイナディスプレイに対応しています。

 

印象:サイトの画面構成は左サイドバーにカテゴリ、
右にもサムネイル画像つきのメニューが存在します。

文字はやはり小さ目、というか小さいと思います。

 

また、壁紙をダウンロードするまでの手順が長く感じ、
画像をダウンロードするまでに新しくタブができるのが難点。

 

これだと前の画面に戻りたいときに、
タブが違う事を認識する事ができずに、諦めてしまう可能性があります。

 

ただこれらの難点を飛ばしてしまうほど、
大量の画像が掲載されています。

 

ダウンロード方法

左サイドメニューか、右メニューでジャンルを選択
さらに小ジャンルを右の大きな画面で選択

 

ここで新しいタブで開きます。
タブが違いまうのでご注意ください

 

欲しい画像をタップします。

右側に出てくる小さな画像を表示というボタンを押します。

 

大きな画像が表示されます。
画像の上を長押しして、保存。

あとは上記で紹介した設定方法と同じです。

 

前の画面に戻る時は、ブラウザのタブの部分をタップします。
タブを切り替えないと、前の画面に戻れません。

 

タブって何?という方はこちらの記事が参考になります。

 

アプリから壁紙を見つける方法

iPadアプリの中にも壁紙だけを専門に配布しているアプリが多数あります。
ここではいくつかのアプリを紹介したいと思います。

 

なお、それぞれのアプリの使い方などは、
別の記事で紹介をさせて頂きます。
ここではこんなアプリがありますというほどで留めたいと思います。

各アプリのダウンロードは、記事末のリンクから可能です。

 

アニメーション壁紙
ipadkabegami (1)

 

HDの壁紙
ipadkabegami (2)

 

壁紙 HD
ipadkabegami (3)

 

IOS7用無料壁紙
ipadkabegami (4)

 

HD壁紙
ipadkabegami (5)

 

壁紙写真たて
ipadkabegami (6)

 

ipad撮影した写真を壁紙にする方法

iPadにはカメラ機能がありますので、
ご自分で撮影した写真を壁紙に設定する事も良いと思います。
ここでは、カメラで撮影した写真を壁紙にする方法を紹介します。

 

まずはカメラを起動します。

写真モードであることを確認して、撮影をしてください。

写真アプリを起動します。

写真 2014-07-07 19 51 44

 

ここから先は先ほどと同じ手順です。

画面の右上にある選択をタップします。
写真を選択してレ点を付けて、左上にある四角と矢印をタップします。

201409021 (4)

 

壁紙に設定をタップをタップします。

201409021 (5)

 

ロック画面かホーム画面に設定するか、
もしくは両方に設定するかを選択します。

201409021 (6)

 

iPad以外(デジカメ等)で撮影した写真を壁紙に設定する方法

ipadの付属のカメラで撮影をした写真は簡単に壁紙にできますが、
外部の物・デジカメなどで撮影した写真を使用する場合は、
なんらかの方法でiPadに写真を移する事が必要になります。

 

方法と言っても限られていますが、
iCloudのフォルダから送る方法と、dropboxから送る方法です。

 

どちらのサービスもクラウドサービスとなりますが、
このクラウドサービスを利用する事により、
ipad以外からipadに写真を転送する事ができます。

 

転送した写真は以下の手順で壁紙へと設定をします。

1.デジカメなどで写真撮影

2.パソコンへ取り込み

3.iCloudのフォルダに投入するか、ドロップボックスに画像を投入します。

4.ここからはアイパッド側の操作です。

iCloudに投入した場合は、写真フォルダに画像が表示されます。

 

写真フォルダで表示されている画像を選択して、
上記で紹介した手順と同じように壁紙の設定をすれば完了です。

 

この作業イメージはこうなります。

デジカメ→パソコン→iCloudに設定している専用フォルダ
→写真アプリ起動→壁紙設定

 

一方、ドロップボックスに投入した場合は、
ドロップボックスのアプリに写真が表示されます。

 

ドロップボックスを開いて指定の写真をタップします。
カメラロールに保存というボタンをおします。
これでドロップボックスからipadの本体に写真が保存されました。

 

あとは写真アプリを開いて、保存した写真を選択して、
これを壁紙に設定すれば完了です。

 

この作業イメージはこうなります。

デジカメ→パソコン→パソコンのドロップボックス→ipadのドロップボックス
→ipadのカメラロールに保存→写真アプリを起動→保存した写真を壁紙に設定です。

 

iCloudを使う場合でも、Dropboxを使う場合でも、
どちらも事前に設定が必要です。

 

壁紙に関するちょっとした個人的見解

以上がiPadの壁紙を入手する主な方法でした。
では、ここでもう一度復習です。

 

ipadの壁紙を入手する方法は、主に三つありました。

1つは、ウエブサイトに紹介されている壁紙を入手する方法です。
この方法は、サイトによってダウンロードまでの手順が違ったり、
画面構成が違ったりと、シニア世代にはわかりにくい方法かもしれません。
もちろん文字が小さいというのも難点です。

 

しかし、サイトによっては、それらのデメリットを打ち消すような魅力的なサイトがあります。このようなサイトをご自分で開拓するのもいいかもしれません。

 

2つめは、壁紙専用のアプリから入手する方法です。
これはもともと、ipad用に開発されたアプリが多いので、
iPadで壁紙をダウンロードしやすい設計になっています。

 

ですからサイトの構成などをあまり気にすることなく、
ダウンロードまでこぎつける事ができると思います。

 

ただ難点として、広告がうっとうしい場合が多いです。
最近は、全画面に広告が表示されて、
広告を消すためのボタンが小さく設計されているイジワルなアプリが多いです。

このような設計にしていると、後々淘汰される日が来るのではと考えています。

 

そして3つ目は、自分のカメラで撮影した写真を壁紙に設定する方法です。
これですと、実にシンプルで何も考える必要はありません。

 

旅先での写真、孫との写真、ペットなど。
自分が撮った写真は全て壁紙として設定する事が可能です。

 

配布されている壁紙を楽しむ事も良いかも知れませんが、
オリジナルを求めるなら、自分の写真を設定した方が楽しいかもしません。

 

こういうオリジナルの写真を壁紙に設定する時に気を付けたいことがあります。
それは常に人から見られるかもしれないという前提で設定をすることです。

 

皆さんもご存じの通り、iPadの画面は超巨大。
人が多い所で使っていると、どこの誰が覗き見ているからはわかりません。

 

普通の写真ならまだしも、
絶対人には見られたくないような超恥ずかしい写真を設定していると、
思わぬ瞬間に恥をかいてしまう事もあるかもしれません。

 

「へ~○○さんって○○が趣味なんだ~」や
「なんかあの人のipadに○○が表示されてる」と言われているかもしれません。

 

人に見られるかもしれないという前提で壁紙を設定される方が良いと思います。
という事でiPad歴三年の私が出した壁紙に関する結論があります。

 

とってもキレイで、可愛いい画像であっても、
何か月か経つと必ず飽きます。

 

これ、断言ができます。
どんなに素晴らしい画像でも、無性に変更したくなってきます。

 

飽きるだけではなく、壁紙が邪魔に感じてしまいます。
なぜなら壁紙があることによって、アプリの名前の文字が見えずらいんです。

 

という事でこれらの問題を克服してくれるたった一つの壁紙があります。
それが単色の黒の壁紙です。

 

正直、今の私はこれ以外の選択がありません。
なんだかんだ言って、壁紙は単色に限るという結論に至りました。

まぁ、これは私の個人的な見解ですので….

 

皆さんは今回紹介した方法で壁紙を楽しんでいただきたいす。
そして何年か使っていく内に私のような考えになりましたら、
迷わず単色の黒に壁紙を設定してくださいね。

 

では、最後に単色の黒に設定する方法をお伝えします。
そもそも単色の黒ってどこで手に入れるの?という感じだとは思いますが、
実は今すぐ、誰でも簡単に作成する事ができます。

 

それは…
カメラを起動してレンズを手でふさいで撮影するだけです。

 

ははは….
あまりにも単純で驚かれましたか?

 

たったこれだけ黒色の壁紙の入手は完了です。
撮影した写真は、毎度ながら写真アプリに格納されています。

 

この真っ黒な写真をアイパッドの壁紙として設定して下さい。
いかがでしょうか?けっこう見やすいですね。

 

シンプル イズ ベスト←これは間違いなく合っていると思います。
ぜひ、お試しください。

 

それでは本日も長い文章をお読みいただきありがとうございました。
この記事が皆さんのアイパッド力の向上につながると幸いです。

 

コメント・評価のご協力をお願いします!

お知らせの下に評価機能とコメント欄があります。
星をタップするだけの簡単評価機能。
投稿しやすいコメント欄を設けています!