これでipadの復元がわかる

himawari

 

本日の目標

iPadとiTunes、iCloudの関係性を理解して、
バックアップから復元ができるようにする!

 

アイパッドレッスン29のご挨拶

どうも皆様、こんにちは。
運営者でございます。

 

バックアップと復元って?

よく聞くけれど、一体どんな物?という方も多いはずです。
今日は、iPadにのバックアップや復元という機能を解説したいと思います。

 

バックアップとは、iPadに入っている様々な情報(各種設定内容、メール、音楽、アプリ情報など)を保存しておくことを言います。

 

なぜバックアップが必要なの?

新しいiPadを購入した時、古いipadの情報を新しいipadに一瞬で移し変えることができます。
盗難や紛失してしまった時にも役立ちます。

ここでいう情報とは…
購入したアプリ、音楽、映画などに始まり、連絡先情報、メールなど、ほぼ全ての情報が対象になります。

 

iPadを盗難されてしまた時は、
パソコンから遠隔操作でipadの情報を消去する事ができます。
iPadは盗難されても情報だけは削除してしまうという考え方ですね。

 

この時、万が一、情報を消去したiPadが見つかったとしても、
今回お伝えするバックアップから元通りに復元をする事が可能です。

 

iPadを空箱だと考えて、
空箱に詰める中身を安全な所に保管をしておくというイメージです。

 

また、iPadを購入して数年経過された方は、
このバックアップ、復元をあえて行うことにより、
iPadが工場出荷時のきれいな状態になり、パフォーマンスが向上する可能性があります。

 

大切な考え方:

iPadはただの箱です。
携帯電話のように誰々さんの情報以外は
入れる事ができないというわけではありません。

 

iPadはただの箱ですから、誰の情報でも入れる事ができます。
父のバックアップファイルでも、母のバックアップファイルでも、弟の情報のもです!

 

これらの内、どれかのバックアップファイルを基にして復元を行うと、
皆さんがお持ちのipadは、たちまちそれらの方の中身(情報)と同じ物に変化します。

不思議でね~アイパッドはただの空箱です。

 

iPadの復元と特に気を付ける事は!?

バックアップファイルを基にして、iPadに情報を入れ込む作業を言います。
空のiPadに情報(アプリなど)を詰め込んで、元のiPadと同じ状態にすることです。

 

注意ポイント:
・古い基本ソフト(iOS)をバックアップで戻すことはできません。
・一部バックアップ対象から漏れる可能性があります。

 

iCloudバックアップとiTunesバックアップの違い

iPadのバックアップ及び復元は、
iCloudによる方法iTunesソフトによる方法の二種類があります。

 

どちらの方法でも一長一短はありますが、
当サイトではiTunesソフトによる方法を強くお勧めします。

 

ということで以降の説明は、
iTunesソフトを使ったバックアップの方法という事にします。
この記事ではiCloudによる方法を省略させていただきます。

 

では、なぜiTunesソフトによる方法をおススメするのでしょうか。
それは以下のような理由による為です。

 

iPadを復元とバックアップから復元の違い

iCloudによる方法
iCloudにバックアップファイルを保存しておいて、
復元作業もオンライン上で行うことができる方法です。

 

メリット
操作が簡単です。

デメリット
iCloudによるバックアップは対象の物が限定されています。
標準的な設定内容、iTunesやApp storeから公式に購入され物に限られます。

 

それ以外の物・自分で入れた音楽や映画などは保存の対象ではありません。ある意味不完全なバックアップという事になります。

 

iTunesソフトによる方法

一方、パソコンのiTunesソフトによる方法があります。
パソコンにiTunesソフトをダウンロードして、
ipadとパソコンをケーブルでつなげてバックアップする方法です。

 

メリット
iCloudとは違い完全なバックアップファイルが出来上がります。
CDから取り込んだ音楽ファイルなども同期などをすることにより復活させることができます。

デメリット
パソコンとiTunesソフトの使い方を理解する必要があります。

 

この2つの方法のメリットとデメリットを比べた場合、
どちらを優先するかという事でiTunesの方を選択したという事になります。

 

iTunesバックアップの流れ

では、実際にどのような手順でバックアップを行うのでしょうか。
まずはその全体的な流れを確認しておきましょう!

 

なお、この説明はiTunesソフトによる方法です。
iCloudによる方法ではありませんのご注意ください。

 

1.パソコンに最新のiTunesソフトをダウンロード。
2.iPadとパソコンをケーブルで接続
3. パソコンのiTunesソフトを起動。
4.バックアップファイルを作成
5.バックアップファイルから復元
6.復元完了後、音楽、写真などを同期
7.完了

 

このような流れとなります。
もし、新品(二台目)のiPadやiPhoneを同じ内容にしたいだけなら、
新しいipadやiPhonesをつなげて、5番からスタートすればokです。

一台目(古い)iPadのバックアップファイルを使って、
二台目(新しい)iPadに情報を埋め込むというイメージです。

 

iTunesバックアップの手順

最初に必要な事(パソコン側の準備)

パソコンに最新のiTunesを取り込む

まずはパソコンに最新のiTunesをインストールしてください。
もし、すでに古いiTunesを使っている場合は、
最新のiTunesソフトにバージョンアップをしてください。

最新のiTunesはこちらからダウンロードができます。

スクリーンショット 2014-09-06 08.31.32

インストールしたらパソコン側の準備は完了です。

 

iTunesソフトを使う上での注意点

トップページにある赤枠に部分の表示内容に注目をしましょう!
ここにリンゴ以外のマークが表示されている場合は、

例:同期中など

少し待ってから操作を行いましょう!
ipadとパソコンが同期作業を行っているという事を表しています。

ipad-fukugen (21)

 

最初に必要な事(iPad側の準備)

iPadの復元作業をする時には、iPadの位置を特定する事ができる
iPhoneを探すという機能をオフにする必要があります。

操作方法:
設定アプリ>>左列iCloud>>iPhoneを探す

iphoneoff (1)

 

iphoneoff (2)

 

iphoneoff (3)

 

2.iPadとパソコンを専用ケーブルで接続

これで最初にすべき準備が全て完了です。
ここで今、どんな状態なのかをもう一度確認しておきます。

 

パソコン:最新のiTunesソフトがインストール
iPad側:iPhoneを探すという機能がオフになっている。

 

そしてiPadとパソコンをケーブルで接続して、
パソコンのiTunesソフトを起動している状況です。

ipad-fukugen (1)

 

以降の説明はすでにこの状態である前提でのお話です。
それでは具体的な手順に入ります。

 

バックアップファイルを作成する

それではバックアップファイルを生成します。
このバックアップが復元の元になりますので、非常に大切になります。

 

ただし、やる事といえば、バックアップというボタンを押すだけです。
あとは、必ずバックアップの日付が最新であることを確認します。

 

■ここからはパソコンのiTunesソフトの画面です。

画面の右端にある赤枠の部分をクリックします。
iPadとパソコンがケーブルで接続されていないと表示されません。

ipad-fukugen (2)

 

画面の中ほどにあるバックアップに注目です。
下のiTunesによるバックアップ(上の赤枠)を選択します。

ipad-fukugen (3)

 

その後、下の赤枠の今すぐバックアップをクリックします。

ipad-fukugen (16) - コピー

 

以下の三つの案内画面は、iPad上で購入しているけれど、
パソコン上のiTunesソフトには保存されていない場合に表示されます。

 

例えば、パソコンのiTunesソフトを初めて使う場合や、
普段iPadで操作をして、PCのiTunesに接続していない場合に表示されます。

 

必ず必要な物だと思いますので、全て保存をするようにしてください。

ipad-fukugen (17)

 

ipad-fukugen (18)

 

ipad-fukugen (20)

 

超重要ポイント:
必ずこの部分が最新の日付になっているかを確認しましょう!

スクリーンショット 2014-09-05 18.03.51

 

iPadを復元する(工場出荷時に戻す)

それではiPadを工場出荷時の状態に戻す作業です。
この作業は全ての方が行う必要はありません。

 

例えば、

iPadの電源を落として再起動をしたけど、
なぜか重くて動きが不調だという時。

iPadを売却する時。

こういう時にあえて行います。

 

それ以外の場合、新しいiPad(iPhone)に情報を入れたい場合などは、
この作業を飛ばしてバックアップから復元という所から読み進めて下さい。

ipad-fukugen (7)

 

ipad-fukugen (9)

 

ipad-fukugen (10)

 

ipad-fukugen (22)

 

ipad-fukugen (23)

 

これでiPadが工場出荷時に戻りました。
少し中身を確認してみると…..全部初期化されています!

DSC02788

 

アプリも何もな~い!
DSC02790

 

メールのアカウント設定も初期化
DSC02791

 

メッセージアプリも利用不可
DSC02792

 

ホーム画面も完全に初期状態です…
DSC02793

 

当然、写真なども存在しません。
DSC02794

 

このまま復元の行程に進むこともできます。

ipad-fukugen (24)

 

お~ついに復元中の画面が!!

DSC02795

 

バックアップファイルの解凍用のパスワードです。
ipad-fukugen (25)

 

ipad-fukugen (26)

 

ipad-fukugen (27)

 

復元作業中のipadの様子です。
徐々に色々なファイルが復元されていきます。

少し時間がかかる事を知っておいてください。
間違えても復元されいないとあわてないようにしましょう!

アプリの近くに待機中の文字が出ていますね。
これが徐々に復元されている様子です。

DSC02797

 

これで復元完了です!
すばらしい何もかもが元通りです。

DSC02799

 

もう一度画面を確認しておきます。

これがipadを初期化した状態です。
何も入っていなく、全て初期設定の状態になっています。

DSC02793

 

それが復元という事をすると、こんな画面に元通りになります。
これは私が普段使っている画面そのものです。

DSC02799

 

バックアップを基にして復元を行う!

新しいiPad(iPhone)に情報を入れたい方はここからお読みください。

上記で行った説明は、ipadを初期状態にしてから、バックアップファイルで戻す作業でした。実は初期状態にすることなく、今の状態に上書きをする感じで復元をする事もできます。ここではその手順を説明します。

 

この仕組みの応用が二台目のiPadやiphoneに活用する事ができます。
すでに最新のバックアップファイルが有ることが前提です。

iTunes画面上のバックアップから復元をクリック。

ipad-fukugen (11)

 

iPadの名前の部分でどのバックアップを使うかを選択することができます。
ひとつのiTunesソフトで複数台の機械のバックアップを取っている場合は、
ここで選ぶことができます。

 

多くの方は一つのバックアップで複数の端末を管理すればいいと思います。
機械を使う人が違うようなら違うバックアップファイルを生成するべきだとは思いますが…

自分のiPad、iPhoneでしたら一つのバックアップファイルでOKだと思います。

ipad-fukugen (12)

 

バックアップを作成するときにパスコードを入力する段階があります。
バックアップファイルを誰でも利用できてしまったら大変ですからね…
その時に設定したパスコードを入力します。

ipad-fukugen (13)

 

これで復元作業が開始されます。

ipad-fukugen (15)

 

iTunesバックアップでの復元の不安を解消する

ここでバックアップにおける不安を解消したいと思います。
自分のファイルは一体どうなってしまうのかを確認しておきましょう!

 

メールの関係のアカウント設定、内容は?
→復元されています。

 

購入したアプリとその保存内容は?
→購入したアプリは全て復元されています。
→アプりのデーターも原則保存されています。

 

ミュージック
→ituneを通して購入した音楽は自動的に復元されています。
それ以外の音楽(CD)から入れた物は、ITUNESソフトと同期をして復元。

 

写真
→カメラロールの物も含めて復元されています。

その他、画面構成、明るさ設定、
アラーム設定なども全て元通りに復元されています。

 

音楽や写真が無くなった!?復元後の同期手順

実はバックアップファイルから復元をしても
CDから入れたような音楽は復元されていません。

 

ミュージックアプリを開いて無い、無いと焦らないように
それらの復元方法を覚えておきましょう!

 

これらの音楽をiPadで聴けるようにするには、
iTunesの音楽を復元後のiPadに同期する必要があります。

 

iTunesソフトを起動してipadとパソコンを接続します。
画面の上部の赤枠部分をご覧ください。

 

APPやミュージックなどが並んでいます。
ここをクリックすると下の大きな画面が連動して切り替わります。

itunes (1)

 

■ミュージックをクリック

CDから取り込んだ音楽が保存されています。
ミュージックを全て入れる場合は、ミュージックライブラリ全体をクリック
これでiTunes保存分の全ての音楽が保存されます。

itunes (2)

 

iPadに入れるミュージックを個別にしていしたい場合は、
下の選択したプレイリスト~の部分をクリックします。

 

すると、下の画面のように選択ができるようになります。
iPadに入れたい物をチェックしてください。

 

チェックが終わったら、画面の右下に適用もしくは同期が表示されているはずです。そこを必ず押すようにしてください。

itunes (3)

 

同様の手順でムービー、テレビなどを行っていきます。
それぞれの所で必ず画面右下の適用もしくは同期をおします。
必ず共有元にレ点を入れましょう!

itunes (4)

 

itunes (5)

 

写真の部分も同様です。
パソコン内のどのフォルダの写真をiPadに表示したいかを選びます。
必ず共有元にレ点を入れましょう!

itunes (6)

 

各作業で必ず行う事

写真、アプリ、音楽、写真、ムービー、
どんな場面でも必ず画面の右下に適用があるはずです。

 

適用というボタンを押すと、同期というボタンになります。
適用後、同期で完了という流れです。

 

これを行わないといつまで経ってもiPadに反映されません。
適用→同期で完了と覚えるようにしましょう!

itunes (7)

itunes (8)

 

これを忘れてはいけない!

最後に復元時にオフにしたipadを探すをオンにしておきましょう!

 

お断り

バックアップはとてもデリケートな部分です。
この記事を参考にして頂く事はかまいせんが、
完全に自己責任で実行をお願いします。

 

当サイトとしては一切の責任は負いません。
アプリのデーターが消えたなど。

 

もし、不安な場合はバックアップ専門の業者も存在します。
そちらへお頼みいただければと思います。

 

コメント・評価のご協力をお願いします!

お知らせの下に評価機能とコメント欄があります。
星をタップするだけの簡単評価機能。
投稿しやすいコメント欄を設けています!