iOS8にアップデートしたら過去の写真が無くなる!?

iOS8関連の記事を公開した所、様々な反応を頂きました。
特に多いのが容量不足でバージョンアップできないという事と、
バージョンアップしたら写真が無くなったという事の二点です。

 

バージョンアップができない方は、
こちらで解決策をご案内していますので、そちらをご覧ください。
この記事は、もう一つの写真が無くなってしまう?件を紹介したいと思います。

 

本日の目標

写真アプリにあるはずの過去の写真を見つける方法

 

iOS8の写真アプリ

iOS8にバージョンアップすると、
写真アプリも含めてiOS7まではなかったメニューが表示されます。
その辺の細かな変更点については、iOS8主要変更点をご覧ください。

 

変更された写真アプリの中で困ってしまう事は、
過去に保存してあったはずの写真が見つからない」というものです。

 

実はその答えはけっこう単純な所にあります。
写真アプリを階層ごとに確認できるかです。

 

階層ごとに確認ができる?と少し難しい言い回しになりましたが、
要するに自分がどこの(いつの写真)画面を開いているかを把握する事です。

 

文字で説明するとわかりにくいと思いますので、
下のイラストをご覧ください。

 

過去の写真がないと言う方は、
下のメニューの写真という項目をタップします。
次に時計の部分をタップ、最後に緑の部分をタップします。

shashin-kaisou (1)

 

表示方式が変わりましたね。いかがでしょうか。
探していた写真は見つかりましたか?
無い場合は、左上にある赤枠をタップします。

shashin-kaisou (2)

 

これで年代ごとに整理された画面になりました。
ここに必ずあるはずです。

shashin-kaisou (3)

 

この写真アプリの特徴は、写真を撮影日ごとに並べる点です。
最初から最後の画面まで少しずつ対象範囲(撮影日)が拡大していますね。
(左上にあるボタンを押すと、画面がかわります。)

 

自分の開いている画面がいつ撮影された写真かを意識する事が大切になります。
詳しくはiOS8対応!写真アプリの機能説明をご覧ください。

 

コメント・評価のご協力をお願いします!

お知らせの下に評価機能とコメント欄があります。
星をタップするだけの簡単評価機能。
投稿しやすいコメント欄を設けています!