iOS8の写真アプリの使い方

iOS8から写真に関する仕組みが大きく変わりました。
しっかりと理解をしていないと、写真をごっそりと削除してしまう可能性があります。この記事を通してiOS8の写真の仕組みを理解されることを願っています。

 

本日の目標

写真アプリの全体的な仕組みを理解する。
個別の写真に対して編集できるようにする。

 

写真アプリの主な変更点

フォトストリームは廃止

全てがiCloudと直結して保存・削除される事になります。
つまり削除行為がそのままiCloudに反映される事になります。

2014/10/20:カメラロールと自分のストリームが復活/iOS8.1

 

ただし、間違って削除をしてしまっても
最近削除した項目という所に一定期間保存されます。
フォトストリームは廃止された事になります。
ポイント:
フォトストリームが廃止されて、よりiCloud機能と直結した仕組みになった。

 

写真加工メニューが充実

今までよりも写真加工のメニューが充実しました。
簡単な編集メニューではありますが、十分に活用できる物に仕上がっています。

 

写真アプリの全体的な仕組み

まず画面下に図のようなメニューが並んでいます。
これらはそれぞれ以下のような機能になります。
ios8-shashin (13)

 

写真

撮影した写真が時系列で整頓されて表示されます。
緑枠、赤枠、青枠の関係性を覚えてください。

まずこれが年単位での表示です。
2011年、2012年と並びます。
この青枠の部分をタップすると、下のイラストの月単位へ切り替わります。

ios8-shashin (2)

 

これが月単位の表示です。
上のイラストで2014年を選択しているとすると、
2014年1月~12月までの写真が時系列で並びます。
そしてさらに青枠をおすと、下のイラストの日付単位に切り替わります。

ios8-shashin (3)

 

上のイラストで2014年5月を選択してるとすると、
2014年5月1~5月31までの写真が時系列で並びます。

ios8-shashin (4)

 

いかがでしょうか。
青と緑の関係性をしっかりと理解する事が大切です。
大>>中>>小と画面が切り替わっていますね。
この逆を操作すれば年単位の方に向かって表示が切り替わり仕組みになります。

 

その切り替えを行うボタンが画面左上部に有る緑ボタンです。
このボタンに表示されている内容を確認すれば、
自分がどこを開いているかを確認する事ができます。

 

すごく合理的な仕組みですね。
ただし、この方法には大きな弱点があります。

 

並び替えの基準が時間を基にしているだけですから、
特定の日のイベントの写真を探したりすることが不便です。

 

例えば、クリスマスや温泉旅行でまとめたいという事もあるはずです。
こういう時に時系列を基準表示されると、とても不便ですね。

そこでこの写真を任意の項目に分類する物としてアルバム機能があります。

 

**よくある間違い

よくある間違いとしてアルバムに分類してから、
写真項目にある写真を削除する方がいます。

 

しかし、これは大きな間違いです。
写真項目で時系列に並んでいる写真を確認しやすいように、
アルバムを作成して分類をしているだけです。

 

アルバムを作成すると新しく写真が作成されるのではなく、
写真項目にある写真を単にアルバムとして分類をしているだけです。

 

分類をしている元の写真がなくなれば、アルバムの写真もなくなります。
写真項目とアルバムは独立しているのではなく、連動しています。

 

共有

写真などをストリームを作成して誰かと共有する事ができます。
ストリームとは、誰かと共有する箱だと考えください。
箱を作ってその中に共有したい人共有したい写真や動画投稿しあうことができます。共有する相手は、特定の人だけだったり、不特定多数であったりしても大丈夫です。

 

閲覧できる範囲を決める権限はストリームの作成者が持っています。
ファミリー共有の設定をした方は、
ここにファミリーストリームが表示されるはずです。
(iOS8/ファミリー共有設定の一部機能)

 

ファミリーストリームの中に写真や動画などを入れると、
家族として指定している人に自動的に表示されます。

 

もちろん家族以外の方とストリームを作成することができます。
その場合は、図中のプラスのボタンを押して作成をします。

 

ストリーム作成の手順
プラスボタンを押す→ストリーム名→共有相手の選定→相手からの認証→利用。

共有ストリームの作成方法は、
別の記事をご覧下さい。(パスワード保護中・500円で販売)

ios8-shashin (20)

 

アルバム

先ほども申し上げましたが、
時系列で分類されている写真を任意の項目にまとめる機能がアルバムです。
ここで具体的な作成方法をお伝えしたいと思います。

ここにある最近削除した項目をタップすると、削除した写真が表示されます。
ios8-shashin (5)

 

左上にある+ボタンを押します。
ios8-shashin (6)

 

写真内容がわかるアルバムタイトルをおススメします。
ios8-shashin (7)

 

温泉旅行というアルバム(空)ができあがりましたので、
この中に分類する写真を選択します。
緑枠は分類される予定のアルバム名を表しています。

写真を選択すると青色のレ点が入っていきます。
選択が完了したら右上の完了をタップします。

ios8-shashin (8)

 

これで温泉旅行というアルバムができました。
このアルバムに対して後から写真を追加する事もできます。

ios8-shashin (9)

 

写真を削除する二つの方法

複数の写真を選択して削除する方法

写真の一覧画面で右上の選択を押します。
ios8-shashin (12)

 

左上にあるゴミバコマークを押します。

ios8-shashin (21)

 

削除ボタンを押すと、一覧から削除されます。
正しくは、一定期間、下記で紹介する削除項目に保存された後に完全削除です。

ios8-shashin (10)

 

一枚の写真を削除する方法

個別に写真を選択して右下に表示されるゴミ箱をタップします。
ios8-shashin (1)

 

削除した写真を復元する方法

下のメニューのアルバムの中に最近削除した項目があります。
ios8-sakujyo (3)

 

ここに表示されている写真は、削除ボタンをおして一度削除されている物です。
パソコンでいうゴミ箱のような機能と同じです。

 

緑枠に数字があると思いますが、
これがこの写真が完全削除される残り日数です。
これを過ぎると、iCloudを含めて完全に削除されてしまい復元はできません。

 

復元をする場合は、ここで個別に写真を選択するか、
右上にある選択を押してください。

ios8-sakujyo (1)

 

この画面が表示されたら右下にある復元をタップします。
これで一度削除した写真が復元されます。

ios8-sakujyo (2)

 

写真を編集する方法

写真編集メニューについては多くの項目がある為、
ここではあえて説明をしません。
時間がかかりすぎるのでご理解いただけると助かります。

 

なんとなく慣れるまで頑張ってみてください。
ポイントは編集で失敗をしたら元に戻すボタンを使う事です。
そうすると、編集する前の写真まで戻す事ができます。

 

写真一覧の画面で写真を選択します。

ios8-shashin (13)

 

右上にある編集ボタンを押します。
ios8-shashin (14)

 

ios8-shashin (15)

 

編集が確定したら緑枠のボタンを押します。

ios8-shashin (16)

 

緑枠で画像を回転、黄色枠で写真の比率を変更

ios8-shashin (17)

 

ios8-shashin (18)

 

編集に失敗したら緑枠を押します。

ios8-shashin (19)

 

コメント・評価のご協力をお願いします!

お知らせの下に評価機能とコメント欄があります。
星をタップするだけの簡単評価機能。
投稿しやすいコメント欄を設けています!