iPadで目が疲れる人は必見

DSC02831

パソコンなどを含めて現代人は目に負担をかけすぎです。
以前の記事で少しでも目の負担を軽くする為に
ブルーライトをカットする製品や色の反転設定をお伝えしました。

 

本日はそれと合わせてiOS8から導入されたグレースケールを紹介します。
グレースケールというのは要するに白黒画面という事です。

 

本日の目標

iPadの画面表示をグレースケールにして、
目に優しいiPad設定の仕方を覚える。

 

グレースケールにする手順

いつも通り設定のアイコンを開きましょう!

写真 2014-09-21 7 41 4311

 

左列の一般をタップ。
右側のアクセシビリティをタップしましょう!

ipad-gray (2)

 

右側のグレースケールを緑色にしましょう!
これで設定は完了です。

ipad-gray (1)

 

元に戻す場合は、同じ操作手順で行うことができます。

 

グレースケール設定後の画面はコレ!

画面の全てがグレー色へと変わります。

DSC02829

 

DSC02830

 

DSC02831

 

グレースケールにするメリットは!?

グレースケールにするメリットというのは何でしょうか?
やはり夜間に操作をする時に目の負担が軽くなる事だと思います。

 

色がギラギラと感じる時はありませんか?
そんな時に活用すると、きっと目が楽になると思います。

 

最初は画面全体がグレー色で色々な部分の識別が難しいですが、
目が寝れてくるととっとも楽に感じるようになります。

 

今度は逆にグレースケールを解除した時に辛く感じられます(笑)
ない物ねだりの人間ですから仕方が有りません(^^)

皆さんの目の負担が少しでも楽になりますように….

 

コメント・評価のご協力をお願いします!

お知らせの下に評価機能とコメント欄があります。
星をタップするだけの簡単評価機能。
投稿しやすいコメント欄を設けています!