グーグルコンタクトを使って連絡先を管理する方法

グーグルアカウントの機能の一つにグーグルコンタクトがあります。
この機能は、自分の電話帳をオンラインで管理することができるものです。
オンライン(インターネット上)で管理することにより、いつでも、どこでもGメールなどの宛先として利用することができます。

グーグルコンタクトは、基本的にGメールなどのグーグルサービスで利用することを想定していますが、実は、他社のサービスでも連絡先として利用することが可能です。

他社のサービスの中の一つとして、アップルのデバイス(iPadやiPhone)の中にある連絡先アプリに関連付けを行うことができます。
今日は、このグーグルコンタクトの新規登録・編集・削除・グループ設定について説明をします。

連絡先アプリの基本的な仕組み・考え方は、
この記事の姉妹記事をご覧ください。

 

本日の目標

グーグルコンタクトの基本的な使い方を覚えましょう!

 

グーグルコンタクトを利用するメリット

・グーグルアカウントを作成するだけで無料利用ができる!

グーグルコンタクトは、グーグルのサービスの一つであり、グーグルアカウントを作成した時点で利用が可能となります。別途、利用申し込みの手続きをする必要もなく、利用料金等もかかりません。

・他のサービスと親和性が高い

他社のウェブサービスを使う時に連絡先としてグーグルコンタクトの情報をそのまま利用することができる場合が多いです。
つまり、ネットサービスを利用する度に連絡先を新しく登録する必要もなく、グーグルコンタクトで連絡先をしっかりと管理しておけばいいということになります。

パソコンから管理することも簡単

パソコンから簡単に編集作業を行うことができます。また、編集した内容は、グーグルコンタクトを関連付けしている他のウェブサービスと連動します。

例:パソコンを使ってグーグルコンタクトの電話番号を変えたら、変更した内容が、グーグルコンタクトと関連付けしている他のウェブサービスに自動的に反映されるということです。

 

グーグルコンタクトを利用する条件

グーグルコンタクトは、グーグル会員に無料で提供されています。したがってグーグルコンタクトを利用するためには、あらかじめグーグルの会員登録を行う必要があります。
まだ、会員登録をしていない場合は、まずはグーグルの会員登録を済ませましょう!

 

グーグルコンタクトの編集は、パソコンで行う方が便利

ここから先は、グーグルの会員登録が終わっている+パソコンでの操作が前提になります。

検索画面で グーグルコンタクト と入力をします。
一番上に表示されるページに入り、グーグルの会員情報でログインをします。

google-contact (1)

 

これがグーグルコンタクトの全体図です。
初めて利用される方は、まだ何も登録情報がないわけですから、
下の画面と若干異なります。

左側の赤枠がグーグルコンタクトのメニューになります。
現在、一番上にある全ての連絡先が薄いグレー色になっていますね?
これは すべての連絡先 が選択されていて、その内容が右側の緑枠と紫枠の中に表示されている状態です。

google-contact (3)

 

緑枠の中に表示されている連絡先は、すべての連絡先の中で 特によく使う連絡先 だけが抽出表示されています。 紫枠の中の連絡先は、グーグルコンタクトに登録されている すべての連絡先 を表示しています。

つまり緑枠の連絡先は、紫枠の連絡先に含まれているということです。

google-contact (3)

 

新しい連絡先を登録する手順

画面の右下にある 水色のプラス を押します。

google-contact (4)

 

新しい連絡先の名前を入力して作成を押します。

google-contact (5)

 

メールアドレス、電話番号など、自分が入力したい項目だけを入力します。緑枠の すべての欄を表示 ボタンを押すと、入力する場所を増やすことができます。

入力項目は任意であり、自分が入力したい部分のみでokです。
最後に右上の 保存 ボタンを押すと登録完了です。

google-contact (6)

 

連絡先をグループ分けしたい

保存が完了すると、この画面が表示されます。
下に赤枠の グループに追加 をクリックしてグループを作成します。

紫枠で事前に作成しているグループを選択することができますし、紫枠以外のグループにしたい場合は、緑枠の 新しいグループ ボタンで作成することも可能です。

google-contact (7)

 

連絡先を検索したい

グーグルコンタクトに登録している連絡先は、
画面の上にある検索フォームから探すことができます。

google-contact (8)

 

連絡先を編集・削除したい場合

各連絡先の列の右側をご覧ください。
ここに鉛筆マークや三つの丸が縦に並んでいるボタンがありますね。

google-contact (10)

 

もし、鉛筆マークを押すと….
このように登録してある連絡先が表示されますので、編集後、右上の保存を押します。

google-contact (11)

 

もし、三つの丸が縦に並んでいるボタンを押すと….
連絡先を 削除する ボタンが表示されます。

google-contact (12)

 

グループを作成する方法

新しく連絡先を入力する際には、最初にグループを作成することをおススメします。グループは、連絡先の作成時に作ることもできますが、最初から作成しておいたほうがスムーズだと思います。

緑枠は、すでに作成済みのグループ、赤枠のボタンを押すと、
新規のグループを作成することができます。

google-contact (13)

 

重複する連絡先をサーチ&結合することも可能

例えば、Aさんに関する連絡先を二つ登録してしまったとします。
これを 連絡先の重複 と言い一つにまとめないと新旧がごちゃ混ぜになります。一つや二つの重複を目視で探し出すことは簡単だとは思いますが、数百件にも及ぶ連絡先がある中で、重複だけを見つけるのはなかなか大変です。

この重複の見つけ出しと、重複した連絡先を結合してくれるありがたい機能が、グーグルコンタクトには存在します。

google-contact (14)

 

他にもこんな便利が機能あり!(上級者向け)

グーグルコンタクトは、他の連絡先で使うために、登録している連絡先情報を出力(エクスポート)したり、逆に他の連絡先で登録していた情報を入力(インポート)することも可能です。

よくあるパターンとしては…

携帯電話の連絡先を グーグルコンタクトへ結合する(インポート)

アウトルック(メールソフト)で登録している情報を グーグルコンタクトへ結合する(インポート)。

逆にアウトルックで使うためにグーグルコンタクトの情報を出力(エクスポート)する。

このように連絡先情報を双方向で出し入れをすることができます。

 

エクスポート・インポートの手順

エクスポート・インポートは、画面の左側にあるメニューで行います。
なお、現在グーグルコンタクトの操作画面は、新しいバージョンになっています。この新しいバージョンの操作画面では、連絡先のエクスポート・インポートはできませんので、旧画面に画面が移動します。これは正常な動きですから、ご安心ください。

 

ここでグーグルコンタクトの連絡先をエクスポート(連絡先を出力する)するか、インポート(連絡先を入力する)するかを選択します。

google-contact (15)

 

この画面の場合、エクスポート(連絡先を出力)をしようとしています。

google-contact (16)

 

エクスポート、もしくはインポートを選択すると、旧操作画面に移動します。
この旧画面でインポートやエクスポートを選択します。
今回は、インポートを選択してみます。(後述のヤフーメールのCSVファイルをここで選択します。)

google-contact (17)

 

*なお、あらかじめOUTLOOKやホットメール、ヤフーメールなどから連絡先情報をCSV形式で出力しておく必要があります。

CSV

 

CSV形式で出力しておいた連絡先をインポートする画面です。
一番のボタンを押して、インポートする連絡先を選択します。

ファイルを選択してから、インポートボタンを押すと、
グーグルコンタクトに新しい連絡先が加わります。

google-contact (18)

 

他社のサービスに登録している連絡先情報をCSV出力する方法

グーグルコンタクトへ連絡先をインポートするときに必要になるCSVファイルの取得方法を説明させていただきます。
多数のウェブサービスがありますので、今回はヤフーメールで使っている連絡先をCSV出力する方法です。

まずはヤフーメールにログインをします。
左メニューにあるアドレスブック>>鉛筆のマークを押します。

RENRAKUSAKI-CSV (1)

 

画面の右側にあるインポート/エクスポートを選択します。

RENRAKUSAKI-CSV (2)

 

ヤフーメールに他サービスで使っている連絡先を入れる場合は、緑枠
ヤフーメールで使っている連絡先を他サービス(グーグルコンタクトなど)で利用するために出力する場合は、赤枠を押します。

RENRAKUSAKI-CSV (3)

 

これでヤフーadというCSVファイルができます。このファイルをグーグルコンタクトのインポート機能を使って取り込みます。
インポートが完了すると、ヤフーメールで使っていた連絡先情報がグーグルコンタクトに登録されています。

スクリーンショット 2015-04-13 15.11.23

今回は、ヤフーメールで説明を行いましたが、他のサービス(アウトルックなど)も同様に連絡先情報を出力や入力することが可能です。

 

この記事のまとめ

グーグルコンタクトは、様々なウェブサービスとの親和性が高い。

グーグルコンタクトに他社サービスで使っていた連絡先を入力することを インポート と言う。

逆にグーグルコンタクトで使っていた情報を他社で使えるように出力することを エクスポートと言う。

このエクスポート、インポート機能をフル活用することにより、他サービス間でも自由自在に連絡先情報を出し入れすることができます。