チャットワークの使い方

チャットワークは、2015年7月以降に有料サポートを行う為に使用する予定です。既存の有料会員制度とは異なりますのでご注意ください。

口述する私のコンタクト先(メールアドレス)は、2015年7月以降に私の有料サポートを希望する方のみにお伝えをしています。

2015年7月以降に有料サポートを希望する方は、
こちらから手続きをお願いします。

チャットワークを使うまでの流れ

1.チャットワークのアプリをインストールします。

2.チャットワークの新規会員登録を行います。

3.チャットワークアプリに会員情報を関連付けします。

4.コンタクト先を追加します。

主に私になるかと思います。

5.チャットスタート

 

チャットワークのアプリをインストール

まずはiOS用のチャットワークアプリをインストールしてください。

 

アプリを起動すると、この画面が表示されます。
使用予定のメールアドレスを入力してください。

chatwork (1)

 

上記で登録をしたメールアドレスに仮登録用のメールが送信されます。

メールボックスを確認して下さい。

chatwork (2)

 

届いたメールの本文は、以下のようになっています。
赤枠部分をタップして登録作業を進めましょう!

chatwork (3)

 

名前と設定するパスワードを入力します。
会社名は、空欄でかまいません。

chatwork (4)

 

申し込み内容の確認を行います。

chatwork (5)

 

この画面が表示されたら、登録は完了です。
この画面から進むこともできますが、アプリで利用したいので、
チャットワークアプリを起動してください。

chatwork (6)

 

アプリに会員情報を関連付けする

先ほど登録をした情報を入力してログインを行います。

chatwork (7)

 

コンタクトを追加する

ログインが完了すると、以下の画面になります。

まずはチャットをやり取りする相手を追加しなければいけません。
画面下のコンタクトというアイコンを押してください。

その後、コンタクトを追加したい相手のメールアドレスを入力します。
私のメールアドレスは、2015年7月以降に有料サポートを希望している方にお伝えをしています。

有料サポートの申し込みは、こちらです。
既存の有料会員制度とは異なります。全ての方に再手続きをしていただく必要があります。

chatwork (8)

 

私の指定のメールアドレスを入力して探すと、
以下のような顔写真のアイコンが出てきます。

これが表示されたら、コンタクトを追加を押してください。

chatwork (9)

 

追加を行うと、相手の認証待ち状態になります。
相手が認証すると、以下の画像のように、
相手の顔写真と数字が表示されます。

chatwork (10)

 

チャットを開始する。

追加した相手に対してチャットをしてみましょう!
まずはチャットしたい相手を画面の左側で選択をします。
その後、その方とのチャットスペースに移動します。

画面の右下に赤枠部分と緑枠部分のアイコンがあります。

画像などを送信したい場合は、赤枠を押します。
通常メッセージの場合は、緑枠を押します。

chatwork (11)

 

チャットワークの各種設定を行いたい場合は、
画面下にある設定ボタンを押してから、フォントサイズを指定しましょう!

chatwork (13)

 

グループを作成することも可能

画面の右上にあるプラスボタンを押します。

chatwork (14)

 

この画面でグループの概要・メンバーなどを追加してください。
設定が終わりましたら、右上の作成を押します。

chatwork (15)

 

グループチャットをする時は、TO の指定をお忘れなく!

グループチャットの中でメッセージを送信する場合は、用件を伝えたい相手をTOで指定します。TOで指定しないと、相手にプッシュ通知がされませんので、相手がなかなか気づいてくれないかもしれません。

グループチャットの新規メッセージアイコンを押します。

チャットワーク (1)

キーボードの上にあるTOを押します。

チャットワーク (2)

 

TOで指定する相手を選びます。もちろん複数も可能です。

チャットワーク (3)

 

指定を行うと、このように表示されます。後は、この下に本文を書いていくだけです。

チャットワーク (4)

 

この記事のまとめ

チャットワークは、色々なデバイスの方と気軽にメッセージをやり取りすることができるアプリです。ラインなどと似ている部分もありますが、あちらは子供用、こちらは大人向け・ビジネス向けという感じだと思います。

チャットワークを活用しているという方が
しっかりとITを活用されているなという印象を受けます。