カレンダーアプリでスケジュール管理

様々な予定をカレンダーアプリで管理すると、日付や時間ごとにしっかりと予定を把握する事ができます。こにより予定があるのに予定を入れてしまう<B>ダブリ</B>を防止したり、大切な予定を忘れてしまうという事もかなりすくなくなります。この記事でカレンダーアプリの基本的な使い方を説明します。

 

本日の目標

・カレンダーアプリの基本的な使い方・画面移動を理解する。

・自分の予定を確認、追加、削除などを行えるようにする。

 

表示モードの切り替えを行う

カレンダーアプリは、1日の表示、月単位の表示、年単位の表示に一発で切り替える事ができます。かなり先の予定なども年単位に表示をすると簡単に把握する事ができます。

 

年間表示モード

これが年間表示モードです。
右側のプラスが予定を追加、虫眼鏡が予定を検索します。

各、月の部分をタップすると、下の月間カレンダーになります。

cal-iphone (3)

 

月間表示モード

月間表示モードです。+ボタンや虫眼鏡の機能は共通です。一番左は、予定を確認するボタンです。もし、年間表示モードに切り替えたい場合は、左上の <2014 をタップします。

cal-iphone (1)

 

一日表示モード

これが1日単位の表示になります。
時間単位で細かく表示できるのが分かりますね。

これは11/14のカレンダーになります。

IMG_0607

 

表示モードを切り替える方法

表示モードの切り替えは、画面の赤枠部分にあるボタンを押します。
この文言は表示されているページによって切り替わりますが、共通していえる事は、画面の切り替えに関するボタンは左上か右上にあるという事です。

cal-iphone (2)

 

予定を検索する方法

自分で登録して予定を検索する事ができます。

cal-iphone (5)

 

cal-iphone (4)

 

予定を追加・編集・削除する方法

予定を追加する手順

予定の追加は右上の+ボタンを押します。

cal-iphone (6)

 

予定の名前・場所を登録する

赤枠の部分に予定の名前を入れます。
緑枠の部分に場所を入れます。(任意項目)

cal-iphone (10)

 

位置情報を許可にします。

cal-iphone (7)

 

cal-iphone (8)

 

cal-iphone (9)

これで場所の所に東京が入力されました。

 

時間帯を決める・終日または指定時間

予定がある時間帯を入力します。
終日の場合は終日の所を緑色にしてください。

cal-iphone (11)

 

上記で終日を選ばないと、下の画像のように時間帯の指定ができます。
今日の部分や数字の部分は、上下にクルクルと回して調整ができます。

cal-iphone (12)

 

予定の内容を一言メモする(省略可能)

イベント内容がわかるように一言メモを書いておきます。

IMG_0608

 

予定の通知を受け取る設定

予定が近づいてきたら忘れないように通知をさせる事も可能です。
通知があると、音と共にiPadに表示されるので忘れる事が少なくなります。

cal-iphone (13)

 

その通知は何時にしますか?という質問です。

cal-iphone (14)

 

削除・編集する

自分で追加した予定を削除や編集する方法です。
編集したい日付を選びましょう!数字の下に薄い黒い○がある所が予定がある日です。ちなみにこの○は祝日などを表している場合もあります。

IMG_0569

22日を選択してみました。
この赤枠部分をタップします。

IMG_0565

 

予定の内容が表示されます。
右上の編集ボタンを押すと、内容を修正する事ができます。
また、画面下のイベントを削除で予定を消すことができます。

IMG_0566

 

何か編集した場合は、右上の完了を押します。

IMG_0568

 

グーグルのカレンダーと連携させる方法

実はこのカレンダーアプリは、他社のカレンダーサービスと連携ができます。
連携というか、他社のカレンダー専属アプリにする事もできます。

ここでは、グーグルカレンダーをカレンダーアプリに表示する方法を紹介します。設定はグーグルのアカウントをiPadに関連付けする必要があります。

 

まず設定アプリを開きます。

iphoneの設定アイコン画像

 

cal-google (1)

 

cal-google (2)

 

cal-google (3)

 

グーグルのアカウント情報を入力します。

ここは、赤枠と緑枠が重要です。(グーグルのアカウント情報)
他の項目は何でもokです。

cal-google (4)

 

うまく認証ができると右側にレ点が入ります。

cal-google (5)

 

必要な機能だけを連携させることができます。
もし、Gメールを使わないなら、メールの右側の緑を外します。

cal-google (6)

 

無事に接続が完了すると、アカウント部分に赤枠のようなGメールが追加されているはずです。

cal-google (7)

 

コメント・評価のご協力をお願いします!

お知らせの下に評価機能とコメント欄があります。
星をタップするだけの簡単評価機能。
投稿しやすいコメント欄を設けています!