重要課題:iPhoneを元通りの中身(情報)にする事ができるバックアップファイルの作成

今日のテーマは重要課題であるバックアップです。
バックアップはお持ちのiPhoneが盗難や紛失などをした際に、中に入っていた情報を新しいiPhoneに適用できるように準備をしておくことです。

新しいiPhoneに古いiPhoneの情報を適用させる事を復元と言います。
復元を行うには、バックアップファイルが必要になります。

 

このバックアップファイルを次のいずかの方法でご自分で用意をしておく必要があります。万が一の際は、このバックアップファイルの有無が命綱の役目を負ってくれる重要な存在になります。
ゆえにこの記事を重要課題として書きたい思います。

 

もうiCloudバックアップをしているから大丈夫!と思われた方。
本当に大丈夫でしょうか?この記事を最後までご覧になる事をおススメします。

 

本日の目標

バックアップとは何ぞや!?
2つのバックアップの決定的な違いとは?

 

バックアップファイルとは

冒頭文でも申し上げた通り、バックアップはiPhoneの情報を復元する時に使用する重要ファイルの事です。バックアッファイルには次のような物が含まれます。

 

メールアカウント情報、Wi-Fiなどの接続環境情報、写真、メモ、カレンダー、各種設定情報など、ほぼ全ての情報が含まれます。

 

ただし、自分で入れた音楽ファイルや映画などは、自動的にバックアップの対象とはなりません。詳しく後ほど。
細かい事は色々とありますが、バックアップファイルの重要さだけは、お分かりいただけたのではないでしょうか。

 

iCloudバックアップとiTunesバックアップ

iPhoneのバックアップは2種類の方法があります。

1.iCloudバックアップ
初心者でも手軽にできる。初期設定で自動的にオンになっています。
基本的な部分は全てバックアップの対象になっている。

2.iTunesソフトによるバックアップです。
パソコンと無料のiTunesソフトをしようしたバックアップの方法です。上記よりバックアップの手間がかかりますが、こちらのバックアップが正統派になります。

 

■この2つの最も大きな違い

自分で入れた音楽や映画などの情報は、iTunesソフトを使ったバックアップからのみ復元することができます。

オンライン上でバックアップを行うiCloudバックアップは、音楽ファイルなどをバックアップの対象外としています。特に音楽鑑賞を楽しまれている方は非常に注意しなければいけないポイントです。

 

iCloudバックアップ=不完全バックアップ。

iTunesソフトのバックアップ=完全バックアップ

この重要なポイントを押さえてくださいね(^^)

 

iCloudによるバックアップ

基本的には購入時に自動的に設定されているはずですから、皆さんが行う必要はないとおもいます。

設定アプリを開きます。

iphoneの設定アイコン画像

 

iCloudを選択します。

IMG_0534

 

バックアップを押します。ここがオンになっていればokです。

IMG_0535

 

バックアップが緑色のスイッチになっていますので、
正常に自動バックアップが行われています。

IMG_0536

 

iTunesソフトによる完全バックアップ

では、ここからはiTunesソフトによる完全バックアップの手順です。
バックアップと言ってもやる事はいたって簡単です。

iPhoneを購入した時の付属のケーブルを用意します。
もしかすると、頭の部分がくっついているかもしれませんので外してください。

USB

 

一方をiPhoneに差し込んで、もう一方をパソコンのUSB口に差し込みます。

パソコンUSB口

 

iTunesソフトを起動します。

iTunesbackup (1)

 

すると自動的に接続が始まりiPhoneの設定画面になります。
画面の右上に下記の図のような部分(赤枠)はありませんか?

赤枠部分を押してください。緑枠部分を押すと、iPhoneとの接続が解除されるので注意してください。

iTunesbackup (2)

iTunes 12.0.1(最新版のソフト)の操作画面

最新のiTunes 12.0.1では、画面構成が大きく変更されています。
全ての画面が左側の緑枠の部分で統一されています。緑枠の中のiPhoneのアイコンを押すと、バックアップ関係の画面を開くことができます。

itunes12

 

iPhoneの詳細画面が表示されます。
ここで次の図の通りにチェックを行ってください。
チェックをし終えたら、緑枠の今すぐバックアップを押します。

iTunesbackup (3)

 

iTunesbackup (4)

 

iTunesbackup (5)

 

iTunesbackup (6)

 

バックアップが完了すると、赤枠の部分に今日と時間が入ります。
当日の時間と日付が入ったらバックアップ完了です。
いかがですか?思ったより簡単ではないでしょうか?

これで何かあった時は、バックアップファイルから復元ができます。
このバックアップは自動て行われませんので定期的にバックアップを行うようにしましょう!

特に基本ソフトの更新前アプリなどを大量に削除したり追加した場合などはしっかりと行います。

iTunesbackup (7)

iTunesソフトを持っていない方は、こちらから無料でダウンロードができます。

 

コメント・評価のご協力をお願いします!

お知らせの下に評価機能とコメント欄があります。
星をタップするだけの簡単評価機能。
投稿しやすいコメント欄を設けています!