これがアップルIDの全て

今日の記事は少し手きびしい事をお伝えするつもりです。直ぐにムッとなる方は、この先をお読みにならない方が良いと思います。

 

アップルの製品であるiPadやiPhoneを使うには、アップルIDの理解が必要になります。Apple Idのパスワードを忘れた方もそうでない方も今日の記事は参考になるかと思います。

 

もし、今回の記事でも理解ができない方は、すぐに最寄りのパソコン教室やiPad教室にいかれた方が良いです。もしくは、iPadを質屋に持っていき売却された方が良いかと思います。

 

外国へ行く時に必要なのはパスポートですよね?
では、外国に行こうとしている方が、パスポートが何かわからないという事はあり得ますか?

 

ありえないですね。これと同じです。iPadを使おうとしている方がアップルIDを理解されていないのは致命的と言えます。
Apple Idを忘れたという方もその重要さに気づかれていないですね。

 

本日の目標

アップルIDの仕組みを理解する。
なぜ、アップルIDが重要なのか?という事を覚えます。

 

アップルIDとは!?

まずはアップルIDの説明をします。アップルIDとはアップルの製品(iPad、iPhone)を使う時に必要になるパスポートのような物です。

 

私達も知っている通り、外国に行く際にはパスポートが必要ですね。これと同じことでアップルのサービスを受ける時にもアップルIDが必要になります。
(Apple Idのパスワードを忘れた方の為に記事の文章末にその対処方法もお伝えしています)

 

アップルでいうパスポートにあたる物がアップルIDであるので、
アップルIDを持っていない方=アップルのサービスを受けられないということになります。

 

アップルのサービスって何?

自分のしたいことを実現する為のアプリであったり、音楽、映画、電子ブック、
さらにはiCloudという仮想の倉庫の事を言います。

 

購入しただけのiPadは空箱と同じであり、基礎的な機能を除いてほとんど何も機能がないとお考えください。あなたのやりたいことは、無料や有料のアプリを入れることによって実現をします。

ipad-kara

 

アプリの中には、電車の乗り換えを調べたり、写真をキレイに管理する物、ゲームのような物まであります。誰かが入れてくれている物ではなく、あなたが必要な物を必要な時に自分でインストールする必要があります。この作業をする時にもアップルIDが必要になります。

 

音楽が欲しい時は、iTunes storeという所から音楽を購入します。(映画、電子ブックなどを含む)iTunes storeで購入する時もアップルIDが必要です。

 

後述するiCloudという仮想の倉庫を使用する時も同じです。
アップルIDが無ければ、iPadやiPhoneの機能のほとんどが使う事無く終わってしまう事を言います。

これではiPadをゴミ箱にいれているのと同じですね。

1

 

私がアップルIDを理解されていない事を
致命的だと申し上げた理由はお分かり頂けましたか?

a1030_000283

 

アップルIDってどんな仕組み?

アップルIDはパスポートのような貴重な存在であり、これがないと、ほぼ全ての機能を無駄にする事はおわかり頂けたかと思います。
無駄にするくらいなら、質屋に持っていき換金した方がマシですね。

 

では、このアップルIDの仕組みをもう少し詳しく説明をします。

アップルIDを具体的に申し上げると、
メールアドレスとパスワードの組わせになります。

2

 

メールアドレスがIDになり、パスワードは自分が設定した物になります。
これらの二つの情報を合わせてアップルIDと言います。

 

ここでパスポートのページ部分を想像してもらいたいです。
入国する時にスタンプを押してもらいますね?
何月何日に入国や出国したという記録の事です。

 

実はアップルIDの仕組みもこれと非常によく似ています。
どんなアプリを購入したのか、どんな音楽を購入したのか、どんな映画を購入したのかを全てアップルIDに記録する仕組みになっています。

 

宜しいですか? このアップルIDに記録される情報は、アプリや音楽はもちろんの事、以下の物も一緒に記録されていきます。

・メールアカウントの情報

・メール

・撮影した写真

・ダウンロードした写真

・決済情報

・連絡先情報

APPLE ID

 

その他、ありとあらゆる情報がアップルIDに記録されていきます。
この仕組みのおかげにより、万が一、iPadを紛失や盗難された際にも
新しいiPadにアップルIDを関連付けされるだけで元のiPadと同じように使うことができるのです。

1

 

このような事が実現できるのも情報がアップルIDに記録されているからです。
バックアップについては、こちらの有料記事を参考にしてください。

なぜここまで口うるさくアップルIDの事を言っているのかお分かりいただけましたか?アップルID=あなたの情報の固まりです。見方によってはiPadの本体よりも大事だと言えます。

 

アップルIDはどんな時に必要なの?

アップルIDの重要さを理解して頂けたかと思います。
今度はアップルIDを具体的にどんな時に使用するかを確認したいと思います。
その前にあなたが使っているアップルIDを調べる方法をお伝えします。

 

アップルIDの確認方法

アップストアをタップします。

アップストア

 

画面の下にあるおすすめを選択した上で、画面を下の方に移動します。
ナビリンクの所に赤枠部分があります。ここに皆さんのアップルIDが載っています。皆さんは、これに対応するパスワードを必ず持っています。
知らない方は、ご親族などが設定している可能性がありますのでお聞きください。必ず存在します。

もし、ここに何も表示されていない場合は、アップルIDを作成していないか、
作成していてもサインインしていない
かを表しています。

どちらの場合であっても、ここにメールアドレスが表示されない限りアプリを落とすことはできません。

写真 2014-11-13 8 48 10

 

アップルIDの確認方法が分かりましたので次に行きます。
このアップルID、実はiPadに複数設定をすることもできます。

『え?自分の情報は全て一つのアップルIDに登録されるっていったよね?』

はい、基本的にはそういう事になります。
ただ、状況によっては、このような事もありえます。

 

アップルID

アップストアやiTunes store=AというアップルID

iCloudクラウドで使用するアップルID=BというアップルIDを使う。

 

色々な諸事情によりこのように使い分けることもできると考えてください。
これはiOS8のファミリー共有機能ができるまでよく用いられた使い方です。

 

未成年者はクレジットカードがなかったりするので、アップストアなどには親のアップルIDを適用したいたりしました。
この理由から、iCloud用のアップルIDとアップストア用のアップルIDを別々に使っていた方がいました。
まぁ、これはこんな方法もあるんだな~と軽く流していただければと思います。

 

基本的には
iCloudで使うアップルID、アップストアで使うアップルID、iTunes storeで使うアップルID。これらを全て共通にすることにより、一つのアップルIDで全てを管理する事ができます。

 

さっきからアップストアやiTunes store(アイチューンストア)というわからない言葉が出てきましたね。そしてiCloudという言葉もです。

iCloudは下の所で紹介をしますので、アップストアとアイチューンストアについて軽く説明をします。

 

App Store(アップストア)とは!?

iPadやiPhoneで利用するアプリだけを専門に取り揃えている所です。
アプリ以外は一切ありませんのでご注意ください。

アップストア

 

iTunes store(アイチューンストア)とは!?

対するアイチューンストアは、アプリ以外の音楽や映画などを販売する所です。
アプリは一切ありませんのでご注意ください。

itunes

 

アップストア=アプリだけを取り扱う専門店

iTunes store=音楽や映画などをアプリ以外を扱う専門店です。

これらの2つの違いをまずは覚えてくださいね。
そして、何度も申し上げる通り、これらで販売されている商品(アプリや音楽、映画)などを購入するには、アップルIDが必要です。

 

アップルIDとiCloudの関係性

それではアップルIDとiCloudの関係性を紹介したいと思います。
その前にiCloudって何だろう?という方が多いと思いますので、これを説明。

 

iCloudクラウドとは!?

アップルが皆さんの為に無料で貸し出している倉庫の事を言います。
倉庫といえば物を詰めるイメージがお持ちの方が多いとは思いますが、iCloudの場合で言うと、皆さんの情報を保存するという事になります。

 

先ほども申し上げた通り、あなたのどんなアプリを買ったのか?どんな音楽を買ったのか?連絡先というような情報は、すべてアップルIDに記録されます。
この記録された物の固まりを保管するところがiCloudという仮想の倉庫という事になります。

self1

 

つまりこれらの事を正確に申し上げると、
アップルIDに記録されるというよりかは、iCloud(倉庫)の中に保管されている情報を取り出すためにアップルIDというカギを使っているという方がしっくり来るのではないでしょうか?

アップルIDと倉庫

iOS8という基本ソフトになってからは、これの上位版であるiCloudドライブも提供されています。ただし、今覚えても忘れると思いますので、まずはアップルIDとiCloudの関係性を理解しましょう!

 

アップルIDをiPadに関連付けする方法

それではアップルIDをiPadに関連付けする方法をお伝えします。
二つの場所に設定をすれば、全て完了です。

 

基本的にこの二つへの設定はすでに行われている場合が多いです。
もし、設定されている場合は、再設定する必要はありません。

 

1.アップストアかiTunes storeのどちらかにサインイン

アップストアかiTunes storeのどちらか一方に設定をすればokです。

itunes   アップストア

 

画面の下に移動すると下記の場所があります。
ここがメールアドレスになっている方は設定済みです。
もし、サインインになっている場合は、ここをタップして自分のアップルIDを入力します。

signin

 

2.iCloudの設定方法

これもおそらく設定済みのはずです。
もし、下記のような表示になっている場合は設定を行います。

設定アプリを押します。

写真 2014-09-21 7 41 4311

 

もし、このような画面になっている場合は設定は不要です。

icloud (1)

 

このようになっている場合は、緑色部分に自分のアップルIDを入力します。

icloud (2)

この二か所を設定すればokです。あとはメッセージやフェイスタイムなどを初めて利用する際にも同様にアップルIDが聞かれます。

 

アップルIDのパスワードを忘れた場合の対処方法

今までの説明でアップルIDの重要性がお分かりいただけたかと思います。
ただし、人間は忘れる事が自然であり、アップルIDのパスワードを忘れたと嘆いている方も多いが事実です。

 

忘れやすいならメモ帳に取る事。←これはかなり鉄則です。
チラシの裏に殴り書きのように記録されているようでは、ダメダメです。

 

こういう方がすぐにサポートに泣きついてくるんです。
そして、結果的にけっこうなサポート料金を取られる事になるんです。

 

殴り書きのように大切なアップルIDを書き留めるのはお止めください。
今すぐ、ノートなどを購入して台帳のように管理するべきです。
もちろん他人にはわからない所に保管する事を忘れずに。

 

ちなみにアップルIDの入力を3~4回間違えるとロックが掛かります。
自動解除するには、何分か待つ必要があります。

 

さらに間違えると、最悪、iPadの情報が全て緊急的に消去されます。
これは利用者の意思に関わらず、ある一定の回数を間違えると、消去されるような仕組みです。もちろんこれ自体の設定もあるのですが、この設定を無効にする理由も意味がありません。通常はそんなに間違える事はありませんからね。

 

本当に初心者の方に多いのですが、
アップルIDなどの大切な情報はしっかりと書き留めるようにします。

 

初心者が頭で覚えようとするのは、犬が逆立ちをして歩こうとしている事と同じです。無理なんです!忘れるんですよ!確実に。

 

忘れるからパスワードの間違いの回数が累積回数に達してしまいロックや消去モードが発動されてしまうのです。

初心者=基本を忠実に守ることが絶対的に必要です。

 

『結局、パスワードを忘れてしまった場合はどうすればいいの?』

『 ご自分で対処をお願いします。このような事にも対処できるから、しっかりとパスワードを保存されなかったのですよね?最寄りの専門家にお金を支払って対処方法をお聞きください。私がここで説明をする義務も特にありませんので……』

 

という冷たいことは申し上げませんが、アップルIDをしっかりと保存されないのはこれくらいの冷遇を受ける事と同じことなのです。
皆さんの為にApple Idのパスワードをリセットする方法を書いておきます。

もし、できなければ有料で電話サポートを行います。
もちろん無料では行いません。私の時間がその分減るという事をご理解ください。

 

有料のアプリや音楽を購入する場合の方法

アップルIDで有料の物を購入する場合は、アップルIDに対して何らかの決済情報を関連付けする必要があります。多くの方はクレジットカードを選択しますが、中にはクレジットカードは使いたくないという方もいらっしゃるはずです。そういう時は、コンビニで販売されているアイチューンカードを購入します。

 

アイチューンカードを購入する事により、クレジットカードを使うことなく有料アプリや音楽を購入する事ができます。
詳しくは、アイチューンカードの購入方法をご覧ください。

 

アップルIDのまとめ

・アップルIDは全ての情報を保存する為のパスポートのような存在。

・無料のアプリをダウンロードする時でさえもアップルIDは必要

・アップルIDの保管は慎重に。忘れる+入力間違いをすると厄介。

・パスワードは聞き出すのではなく、新しく設定を行います。

 

コメント・評価のご協力をお願いします!

お知らせの下に評価機能とコメント欄があります。
星をタップするだけの簡単評価機能。
投稿しやすいコメント欄を設けています!