これでアプリの正体が理解できる!

アプリってなに!?

アプリ、アプリはわかった。
で、結局アプリって何なの?という疑問にお答えする記事です。

 

アプリを例えると、テレビとそこに映し出される映像という関係です。

 

テレビがアイパッド、映像がアプリです。
どんなに機能が素晴らしいテレビでも、そこに映すための映像がなければ”ガラクタ”ですね。

 

これはアイパッドでも同じです。アイパッドを購入した時の中身というのは、何も入っていない状態です。

標準的なアプリは入っていますが、それ以外の機能については後から自分で追加をしていく必要があります。

 

欲しい機能をアプリ(ソフト)によって追加するという考え方

アイパッドの使用方法は、人それぞれ違いますね。

人によってはゲームができればいい、ある方によってはテレビ電話をしたい。ブログを見たい!

こんな千差万別にあるそれぞれの「したい」とい気持ちをアプリによって実現させる方式がiPadなのです。

基本となる箱は全て用意しています。

 

あとは自分の使いやすいように改造して使ってください。
というのがiPadの仕組みなのです。

 

最初は少し戸惑うかもしれませんが、実は一番しっくりくる方式だったりします。

 

今までパソコンを買って、無駄なゴミソフトがたくさん入っていた経験はありませんか?
そういう無駄な機能を一切省いて、超基本的な機能のみを導入いるのがiPadなのです。

 

アイパッド=ただの箱です。

鉄の箱と変わりません。

 

この中に自分の好きな機能をアプリという物を入れていき、
実現させていくものなのです。

 

つまりアイパッドは、アプリによって改造していくことを前提に設計されている物なのです。
アプリ=ソフト=自分が行いたい機能の事です。

 

アプリ=アイコンはコレの事を言います!

app-ichiran