iPadを使用する上での10の鉄則

1.操作画面を保存できるスクリーンショット

iPadに表示されている画面を写真にする事ができます。
私の記事で表示されている操作画面の写真もこの方法を用いています。

やり方:
ホームボタンとスリープボタンを同時に押します。
同時という所がポイントです。必ずほぼ同時に押します。

押すと、パシャッと音がします。
ここで保存された画像は、写真アプリで確認をする事ができます。

写真

 

2.カメラのシャッターオンを微音にできるアプリ

iPadで写真を写そうとすると、シャッター音の意外な大きさにびっくりするはずです。そんな時は、シャッターの音を微音にしてくれるアプリで撮影をしましょう!

 

3.操作画面に迷ったら、画面の四隅を確認

iPadの操作画面の特徴として必ず画面の四隅のいずれかに次の画面に進むためのボタン、もしくは前の画面に戻る為のボタンがあります。操作をしていて押すところがわからなくなったら、iPadの四隅を確認してみましょう!

必ず何かしらのボタンが存在するはずです。

 

4.ホームボタンを二回連続で押すと、起動中のアプリが表示される。

ホームボタンを二回連続でポポンと押すと、現在起動中のアプリが表示されます。使っていないアプリがある場合は、下から上にアプリを弾いてみましょう!

弾くとアプリを終了する事ができ、iPadの動作が軽くなります。

 

5.調子がおかしいなと思ったら、iPadの電源を落として再起動。

いきなり動作が遅くなったり、画面を押しても何も反応しない。
そんな時は、iPadの電源を落として、再度起動しましょう!

電源を落とすことにより、iPadの動作がリフレッシュされます。

 

6.アクセシビリティ項目の設定をすると、視認性がグッと高まる。

アクセシビリティとは、誰もが使いやすい設定を行う事です。
例えば、耳、目などの障碍をお持ちの方でもiPadを活用できるようにすることができます。

たとえば、歳を重ねると小さな文字が見え難くなります。
そんな時は、文字の大きさを変えたり、太さを変えたりします。
それが視認性の向上につながります。

 

7.アップルのドックコネクタに指すアクセサリ(SDカード、プロジェクターなど)は純正品を強くお勧め

アップルのドックコネクタと言われる部分に差し込むアクセサリは純正品が良いです。他社製のアクセサリの方が値段が安いですが、基本ソフトの更新により使えなくなる可能性が十分にござます。

 

8.基本ソフトは頻繁に更新される。特にiOS7→iOS8のように数字が変わるときは要注意。

基本ソフトは、常に更新され続けます。更新をする事により、操作方法がガラリと変わる可能性があります。特に数字が変わる(例:IOS7→IOS8など)メジャーアップデートの場合は、更新作業にもそれなりの覚悟が必要です。

機能までここにこのボタンがあったのに…ない。
そんなことはたくさんあります。

 

9.iPadにはクラウドアプリを最低一つは入れたほうが良い。

iPadの容量を節約したり、データーの取り出し、取り入れなどを考えた場合、
一つ以上のクラウドサービスアプリを追加する事をお勧めします。

これによりiPad、パソコン、スマホ間のデーター移動がスムーズになります。
初心者にお勧めのアプリがドロップボックスです。

Dropbox
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: 無料

 

10.iPad、iPhoneでは、フラッシュを再生することはできない。

アップルとフラッシュの開発元であるアドビは、少しばかりライバルの関係です。
これによりアップルのIOS端末ではフラッシュを再生することはできません。

ただ、どうしてもフラッシュを再生したいという場合は、
フラッシュを再生できるアプリを利用する手があります。

 

Puffin Web Browser
カテゴリ: ユーティリティ
現在の価格: ¥400

 

Puffin Web Browser Free
カテゴリ: ユーティリティ
現在の価格: 無料